julia-m.cocolog-nifty.com > Юлияの旅日記(ハワイ島編2)

モクアイカウア教会

モクアイカウア教会

コナの街中にたつキリスト教の教会。ハワイで最初の教会だそうだ。


モクアイカウア教会

モクアイカウア教会

ここが最初の教会であることがかいてあります。


モクアイカウア教会

モクアイカウア教会

壁がハワイらしい印象をうけます。


ハイビスカス

ハイビスカス

いたるところにハイビスカスがありました。


バニアンツリー

バニアンツリー

いたるところにあります。ガジュマルの木


復元されたアフエナ・ヘイアウ

復元されたアフエナ・ヘイアウ

カメハメハ大王のゆかりの地であるコナに残るハワイの遺跡。ヘイアウは神聖な場所。
ホテルの庭先にありました。


カイルア桟橋から海を見る

カイルア桟橋から海を見る

復元されたヘイアウから海を撮影


カメハメハ大王

カメハメハ大王

ハワイが統一されたのは、おおよそ200年ほど前。1810年のこと。「カ・メハメハ」は、「孤独な人」という意味だそうだ。ハワイ全体にはこの像は3体ある。ハワイ島には2つあって、これはそのうちのひとつで、ヒロという町の公園にあります。


カメハメハ像

カメハメハ像

ヒロにある像。ヒロは日本人の多い町


レインボー滝

レインボー滝

ヒロの郊外にある滝。
午前中にみるとしずくで虹がかかると言われています。


ハレ・マウマウ火口

ハレ・マウマウ火口

女神ペレのお住まいになる場所とハワイのロコたちはいいます。
古いフラはここに踊りを捧げます。


ハレ・マウマウ火口

ハレ・マウマウ火口

奥のイキ火口方面を撮影


サーストン・ラヴァ・チューブ

サーストン・ラヴァ・チューブ

溶岩流のしたにできた洞窟。入り口は羊歯や熱帯植物に覆われていました


サーストン・ラヴァ・チューブ

サーストン・ラヴァ・チューブ

フラッシュを使わずに撮影。チョット幻想的


溶岩の上の月

溶岩の上の月

クレーター・ロードをすすむと、空には白い月が見えました