julia-m.cocolog-nifty.com > Юлияの旅日記(ハワイ島編2)

モクアイカウア教会
モクアイカウア教会
モクアイカウア教会
ハイビスカス
バニアンツリー
復元されたアフエナ・ヘイアウ
カイルア桟橋から海を見る
カメハメハ大王
カメハメハ像
レインボー滝
ハレ・マウマウ火口
ハレ・マウマウ火口
サーストン・ラヴァ・チューブ
サーストン・ラヴァ・チューブ
溶岩の上の月

<< 前 | トップページ | 次 >>

カメハメハ大王

カメハメハ大王

ハワイが統一されたのは、おおよそ200年ほど前。1810年のこと。「カ・メハメハ」は、「孤独な人」という意味だそうだ。ハワイ全体にはこの像は3体ある。ハワイ島には2つあって、これはそのうちのひとつで、ヒロという町の公園にあります。

固定リンク