節分も過ぎて暦の上では春ですけど

たくさんの恵方巻を並べながら
ふと「節分」ってなんでしょって思いました。
もちろん字のごとく季節の変わり目で
その季が変わるときに魔に入り込まれないようにと
「鬼やらい」というのを行うということなんですが、
恵方巻は関西の一部で行われてた風習で
さまざまに節分の風習はありますが、
それを全国区にしてマーケティングが行われ
イベント的に盛り上げて
売上を上げましょうっていう商業の考えが底辺にあるものです。

それで検索するついでに
「鬼」も検索してみました。
朝の情報番組でも取り上げてましたが
鬼とは目に見えないもので「隠」というものが変化したものと言われます。
目に見えないこの世ならざるものということでしょうか。

また青鬼、とか赤鬼というのは
五蓋という、仏教修行の瞑想を阻害するものから来ているそうです。
これがなぜかゴレンジャーの色と同じでちょっと笑えるんですけど、
これをよく読んでみると鬼は自分の中にあるものなんですね。
自分の外に鬼がいるのではなくて、自分の中に巣くう鬼を
追い出す。
これが節分のようですね。

ちなみに五蓋を読んでるとキリスト教の7つの大罪に通じるところがあって、
やはり悪さをするのは自分自身の中にある欲望から発しているもののようです。

恵方を向いて太巻きを食べることでそれが落ちるかどうかはさておいて
きれいな気持ちで春を迎えられるといいですね。

気が付けばもう師走

カレンダーもあと1枚となり、
2016年ももうあと少しです。
クリスマスだ
お正月だとバイト先のコンビニもなかなか忙しい店内になってきました。

そんな中
福島から逃げてきてる子たちがいじめに遭っているニュースを聞きました。
本当に情けない話ですね。
大人たちがしっかりしないから、子どもがそういうめに遭うんです。
もう福島の被害や
東北の被害なんか忘れちゃってますからね。
ただ、お金がもらえていいなぐらいでしょうか。
そんな態度がいじめをうむんですよ。

子どもは大人の鏡。
子どもたちがあれているときは、
やっぱり大人がどうかしてるとわたしは思います。

それでもって、先生が生徒を「菌」呼ばわり。
愛称のつもりで呼んだと。

言い訳もええかげんにせんかい!と思います。
先生という立場を忘れて子どもに迎合するからそういうことになるんですわ。

先生という職業、本当に大変でしょう。
今は同僚といえども、いろんなことに口出ししないそうですから、
孤立して心を病む人も多いと聞きます。
ましてや、子どもの親からの要求度は異常というか、ものすごく高い。
今の世の中が欲望を達成するためのシステムが揃っているからか、
なんでも自分のいうことを聞かそうとする。そういう態度がネットによって増幅してるようにも思います。
そんな中で教員を務めるって大変だなとは思います。

思いますが、子どもにウケがいいようにとか、
子どもレベルになることとは違います。

それは教育じゃありませんよと言いたい。

私の父も母も教員です。
その生態は他の方たちよりもよく見聞きする機会がありました。
先生も人間ですから、そんな完璧を求めるつもりもありません。
欠陥の多い人もたくさんいます。
そんなやつは教員になるなという声もあるでしょう。
でも、現実はみんながみんないい先生だということはありえないんです。
私自身も先生にいじめられてきました。
それは先生同士の政治的な闘争に巻き込まれたとも言えますが、
いじめは今に始まったことじゃないんです。

先生が今よりも尊敬され、大事にされていた時代からいじめはありました。
えこひいきもありました。
私の小学生時代はわたしはぼんやりした人間でしじゅう空想の世界にいたので、
先生のさし棒で頭のてっぺんを血が出るほど殴られても、
両こめかみをげんこつで持ち上げられつるされても
額に忘れ物をするたびに油性ペンで落書きされても、
ぼんやりとそれをやり過ごしてしまえました。現実逃避するすべを身に付けられたからだったと思います。
友達もいなくて、それもできなかったら、今生きてないかもしれないぐらい
けっこうひどいいじめは続きましたけどね。

いじめはいじめを受けるほうに非があるわけじゃありません。

弱い立場にいてしまっただけです。

今いじめを受けてる子は
自分が悪いなんて思わないで
いじめるやつがいたら、どこでも構わないから逃げて。
生きていればそれを解決する方法は必ずあると思うから。

みんなが安心して新しい年が迎られますように。

できの悪い先生がいたら、それが少しでもいい先生になれますように。
みんながそういう方向に向くように指導をしていかなきゃいけないんですよ。
過大な要求ばかりじゃなくてね。

災害は忘れないうちにやってくる

東日本大震災から5年
きのうわたしの故郷熊本で震度7
本当に地球っていうのはいろいろなことがあります。
まあ地球規模で言えばこのぐらいの規模の地震っていうのは
とくに大きなものでもないですが、
火山性のものの地震とかは経験していても
多分そんな大きな地震は熊本の人は経験していなかったかもしれません。
東日本大震災のときと違って
直下型でエネルギーの伝わり方も違うでしょうから
まったく別の体験かもしれません。
東日本大震災のときの、長くいつおわるかも分からない横揺れと違って
下から突き上げるような揺れが何度もというのは、
大変だったと思います。
実家には母が一人でいるのですが
今朝がた電話が通じましたんで無事は確認しました。
戦争も経験した人が怖かったと言いましたから、
やはり半端ない揺れだったことには違いありません。
被害を受けられたかたお見舞い申し上げます。

以前から今回の震源あたりで断層地震があるのではと言われていましたので
そこらへんは科学が発展していると言えるのかもしれませんが、
大きな自然変動に対して本当に無力ですね、人って。

Travel_022


夏枯れの空を眺めて

暑いって何度言っても涼しくはならないんですよね。
でも、暑いですね。
昨日久しぶりに東京に出かけたら、なんと外の暑いこと。
毎日あんな暑さの中お仕事をされてる人、お疲れ様です。
わたしなど、自宅で(エアコンは入れてないのですが)のんびりパソコンに座っているか、
わりと空調の効いたコンビニでバイトしてるかなので、
外でお仕事なさっている方、本当に頭が下がります。

先日興味深い記事がありました。
日本はなぜ女子のスポーツが強いのかというようなテーマだったと思いますが、
それによると、男性は「評価」を求め
女性は自分の「成長」を求めるのだそうです。
そのときはなでしこの選手たちがワールドカップで連続して決勝に行ったということの直後だったので、
なでしこリーグの選手たちのことを取り上げておりましたけど、
年俸は少なくても、自分の成長のためには海外で修業したり、
バイトをしてでもサッカー選手を続けたりしていることが取り上げられていました。

この考えから世の中をみると、なるほどって膝を打つことが多いように思います。
仕事などでも、やはり男性は評価されたがってると思ってみると、意外と腑に落ちることが多いように思えます。

リーダになって部下の指導や教育に苦労されてる人たちは
こういう目で部下を見てやると意外とうまくいくかもしれませんよ。(と管理職でもないわたしには言われたくないでしょうけどね)

Img_0655


さて、今日もものすごく暑いです。熱中症にならないよう気をつけて。

8月の雲は高い

気がつくともう8月。
近くの川の近くにある竹の多い山は早くから蜩が鳴いていた。
7月の初めぐらいから鳴いている。
勝手に蜩山と命名してみた。

ひぐらしってそんなに早くから鳴くんだっけっておもうけど、
調べてみると、夏の終わりになくとは限らず、6月の末から鳴くそうである。
鳴き声がなんだかもの悲しい感じなので、夏の終わりをイメージするのだろうか。
英語ではEvening cicadaというそうだ。やはり夕暮れとかのイメージ。

イメージと実際が違うってこと、結構あるんだよね。

ところで、セミってヨコバイとかウンカと同じヨコバイ亜目。
しかも、目(もく)ではカメムシと同じ。遠い親戚。うーん、そういえばちょっと似てるかも。

カナカナカナと青い空、葉月来る
              (遊離哉)

帰り道は遠かった

小学生の時
学校の帰りに近道を探すのに熱中した。
その前もそうだったのかもしれないけど
小学生時代はとてもそれにはまっていた。
わたしの家は小学校から遠く
なんとか近くならないかというのが主な動機なんだけど、
そのため路地や、場合によっては人のうちの倉庫の横の道とか
道なき道を進んで、もう少しで抜けられると思ったら
大きなため池に阻まれたりして。
結局ずいぶん遠回りして帰ったことも。
まあ、おかげでなんとなく方向感覚も見についたりして。
ときおり、おお、この道につながるのかという発見に感動したりしてたせいか、
夢の中でもいままで通ってた道が
意外なところへつながるという夢は定番のように見るしまつ。

まあ、そんなわけで人生もまっすぐじゃなくて
遠回り道草だらけのものだけどね。

昔の日記

@niftyでいまはBlogにしているけど
むかしはnoteというのに日記を書いていた。
今度noteがなくなるそうで、書いたものをこっちのBlogに移してもらった。
2003年くらいから続いているので
昔の顔写真など見れるようだ。。。(恥

さっきまで仕事のあいまにメジャーリーグの野球の速報をみていた。
ホワイトソックス3勝目です。イグチくんは2安打。延長がどこまで続くやらと思ってたら14回までありました。
日本の方もロッテが3連勝とか。(ネットのニュース等で知りました)
阪神ファンの方の忸怩たる想いお察しします。

プレーオフの間、待たされてしまったのが敗因でしょうか。

セ・リーグの一部では、1リーグ制にしたい方たちが、なにやら暗躍しているようですね。
経営者の人たちがあまりにつまらない発想しかしないので
日本のプロ野球は今は見ません。
ファンを楽しませなくて、エンターテーメントぢゃないでしょ(野球はスポーツでしょ!というご指摘は無用です)

ラジー賞!

ダブヤさん受賞
ついでにラム爺とコンディ長官もそれぞれ、最悪助演男優賞、同女優賞に当確。

もうすぐアカデミーだ。
私は「ディカプリオ」取れないとみたけど。
『アビエーター』時間長すぎ・・・

近所の公園


ネコ発見

2匹いるの分かるかな?

ネコのいる
陽だまりにて
春一番

書くつもりはなかったけど

世の中うるさいので。

企業の買収劇など、珍しいモンでもなんでもないのに
マスコミときたら無知な上に厚顔で。
あてにならない情報ばかりを
これみよがしに披露してばかり。

「ライブドア」が好きなわけじゃないけど
企業買収で大きくしてきたわけだから、
今回のことは別にこれといって新しいことをしたわけじゃない。
いままでの経営者とちがって、政治家とか、事前に根回しをしない御仁のようだから、スジが通っているといえばそうだろう。
でも、マスコミの受け取り方はまるで「男の嫉妬」。みっともないにもほどがあると思う。

昨日のフジテレビの手法。自らを大企業とするのなら、ああいうきわどい手法はとらんほうがよいのでは?ゴールされそうだから、いきなりルール変えてゴールポストを動かすようなもんだ。それは子供の手法だと思う。だいいち、「悪者」をでっちあげてそれにバッシングを加えるなんて。(ああ、フジテレビってそういうマスコミの代表だったわね)と、いうことはお家芸なわけだ。

それにしても、嫉妬とやっかみが渦巻いていて、うるさいぞ!

他に報道することはないのか!

より以前の記事一覧

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。