懸賞

以前ビアジェンヌというイベントに参加してから
ずっとビール類はキリンです。
せっせと集めたシールで
やっと


当たりました。

岡山のお魚セット。

Sn3e0011
                ※写真をクリックすると大きくなるみたいです。

早速食べた鰆おいしかったです。

NHKで最近懸賞に応募する人が激増していると言ってました。
みんな少しでも生活にプラスになればということでしょうか。
懸賞雑誌だけは売れているそうです。

WASABI

先日TVを見ていたら
なんと
「さびぬき」のお寿司がデフォルトで回っている回転寿司があると言っていた。
しかも若い人に人気なのだそうだ。

私、お寿司が大好きで、
1か月に一度くらい、「自分へのご褒美」と称して
お寿司屋さんに出向く。
お寿司屋さんといっても、そんなに値段の張らない
庶民的なお店しか行けないけど(銀座の○○とかは、夢のまた夢ですけど)
でも、そんなお店で「さび抜き」にしてくださいという若い人は見たことがない。
私が行くところだけが、そんなふうなのかしら。。。。

私が小さい頃は、さび抜きなぞという注文はできなかった。
というか、存在していなかった。
お寿司とわさびは切っても切り離せない存在として
私のなかにあるから、
さび抜きがデフォルトというのは想像するのが難しい。

のん兵衛の父の晩酌と同じおかず(酒だけがない)をつづけて育ってきたせいか、
大人の食い物というのは、大人が食べるようにして食べるべきと
思って育ってきた。
だから、ラーメンやなどにいって、「小さいどんぶり要る?」といわれると
無性に腹が立った。

お寿司だって、
どうやったら大人のように格好よく頼めて
格好よく食べられるのだろうと日夜研究するこまっしゃくれた子どもだったから、
大人が子供の食に合わせるなどということが信じられない。
極端にいえば、そんなに堕落してよいのかとすら思う。
子供が食べられないものがあってもよいじゃないかと個人的には思うのだか。

まあ、おまえには子供がおらんからと言われればそれまでだ。

そうそう、ビールも苦いのが苦手な若者が増えているそうだ。
苦くないビール、たまにはよいが、(Ki○ンの「スムース」はなかなかいけた)(「スムーズ」でないのはなぜ?英語ではスムーズだろう?)
夏はぎりっとした苦めのビールもよいと思うのだが。。。(脱線)

ポルトガル

ひょんなことからポルトガル料理店に行くようになってから
もう2年ほどが経つ。
ポルトガルという国は日本と縁が深い。オランダとならんで鎖国のときに長崎で貿易を許された国だ。
この国は今は日本でそれほどメジャーではない。
ヨーロッパの白地図をしめして、正確にその位置を認識する人もすくないそうだ。(信じられないけど)
この国は、単一民族、単一言語、単一宗教の国と言われる。
まあ、カトリックが98%を占めると聞いた。

ポルトガル料理というのは、かなり庶民的な感じのするものが多い。
タラの干物や砂肝などというものが多く料理に登場する。
それがまた絶品にうまいのだ。
おかげでうちで使用しているオリーブオイルと塩はすべてポルトガル製だ。

そんな縁で日本ポルトガル協会の主催するポルトガルを勉強しながら、料理を楽しむ会があった。
テーマはコルク。コルクといえばワインなどのコルク栓をおもいうかべるが、そのほかにも多数利用しているそうだ。F1のエンジンの部品から、床剤、スポーツ用品などだ。
CA240135
また、切り倒すことなく、羊などのように、皮だけを採取するとまた数年で再生するというエコロジー素材として注目されているそうだ。

帰りにはたくさんお土産もいただいた。
CA240134


それで料理は大満足。

Menu
肝のトマト煮
赤キャベツとリンゴのコールスロー
じゃがいものスープ
バカリャウ(たら)のゴメス風
鴨のオーブン焼きご飯 オレンジ添え
駱駝のよだれ(っていう甘いキャラメルムース)
ワインはボルバの白、ダン・ポルティコの赤

園芸2

ハーブ植えました。

イタリアンパセリと
パセリ
それからバジルをプランターに植えてみました。

ようやく根が定着した様子。CA240130

園芸?

100円ショップでかった「かいわれセット」を育てている。
水だけで、種からずいぶん大きくなった。
ここまで5日くらい。
そろそろ弁当にでも使えるかな?というくらいになってきた。

今週は
バジルとイタリアンパセリなどを植える予定。Ca240129

フラメンコ

新宿の「エル・フラメンコ」というところに、食事をかねてフラメンコを見に行きました。
フラメンコ。言わずと知れたスペインの舞踊です。じかにみるのは初めてでした。
スペインの文化というのは、やはりどこか「アラブ」の匂いがしますね。
ヨーロッパと中東が交じり合うといえば的確でしょうか。
ポルトガルなどと同じく、かつてのイスラム帝国の名残を感じさせます。
アジアの踊りが「柔」であるのに対し、「フラメンコ」は「剛」を感じさせます。
強さが強調されることで、含んでいる悲しみや孤独などが感じられるものでした。
写真は撮影が禁止されていたので、撮れず。ちょっと残念。

変わった名前の

お豆腐

頂き物だけど。

風に吹かれてみました。おいしかったです。Ca240124

写真と本文には関係がありません

CA240081きのう、相棒が仕事の打ち上げで遅かったので
ひとりで料理するのも
なんだかつまんない気がしたので
新宿のいつも行くすし屋で1杯やりながら
寿司を食べた。
値段の割にいい店だと私は思ってる。

それから、久しぶりにひとりで2丁目に行き
2年ぶりくらいの店に行って話しこんでいた。
2年分というとすこし話が長くなるものだ。
まあ、お互いの身の上におきることは、
波風があったようでもあり
何にもなかったかのようでもある。

ただ、少し時間が経ってみるといつもその前の自分が
どれだけ愚かであったか、ということがしっかりわかるものだ。

そんな夜であった。

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。