もうすぐ梅雨ですね

クール・ビズと称してなにやら怪しげな服を着た政治家が
テレビに出てましたね。
スーツも似合いませんけど、かりゆしはもっと似合いませんね。
パジャマかと思った。。梅雨の季節に鬱陶しいことです。

友人が面白いサイトを探してきました。

たぬふら

笑ってください

(ただし、Flashとかが見れないなど苦情は受け付けられません。注:音の出る設定の人はご注意を)

場所によりどころがありますか?

よく見るサイトで
「ほぼ日刊イトイ新聞」というのがあるのですが、
そのなかで、「個人的な神話」というコラムがあり、昨日と今日が「場所の神話」と言うものでした。

私は容貌からよく「ハーフでしょ?」とか
ひどいときには「日本語がお上手ですねえ」などの質問は日常茶飯事です。
ですからというわけでもないのですが、あまり「私は日本人だ!」と力説することもなく
なんとなく国籍不明で生きてまいりました。
日本のパスポートも、住民票もありますがね(w)
小さい頃はもっと髪がナチュラルに茶色でした。今は白髪隠しに染めているのですけど。
それでひどいときは、米軍関係者の落とし子的な誹謗もありましたね。特に田舎って排他的なものですから。
父母が転勤族でしたから、昔っからの住民ではありませんでしたし、父の実家の方はウチの母を気にいらなかったようで、行っても歓迎されてないことは子供ごころに感じていました。だから、家族とか親族とかいうつながりは私にとってとても居心地の悪いものなのですね。
ウチの母などは、単純で明るいだけですから、「親子は仲がいいものだ」なんていいますが、ウチの場合がどうか?というと仲がいいというより、仲が遠いですね。

先日、計らずもウチの相棒が、歳を取ったら地元に帰りたいか?と聞きました。それで一瞬地元が思い出せませんでした。根っからのボヘミアンなのかもしれません。

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。