« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

レジ袋狂騒曲

テレビなどで告知されているように

来月7月1日からレジ袋が有料化されます。

ハワイみたいに、一挙にプラスチック製の袋を廃止する方向にはいかずに

有料化という段階を踏むみたいです。

経産省のホームページにも出てます。

https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html

きのう、バイト先でも講習会ビデオを見ました。

ただでさえ、COVID19の感染予防で、聞こえにくいマスク+ビニールカーテンでストレスですが

応対のトークが増えます。ストレスですが、仕方ありません。

日本では水に溶けるレジ袋だから環境破壊してないとか、

ごみ処理の問題だという人もいますが、

溶けた先や、燃えたあとの環境は考えないのかなとも思います。

プラスティックごみの最大排出国では日本はありませんが、

そういうプラスティック製品をたくさん輸出もしているし、その責任が逃れられるわけでもありません。

ずっと先送りにしてきた問題が少し前進するのだったら、不便さや、私たちのトーク増加は受忍していくことなんでしょう。

ハワイがレジ袋廃止になったとき、一気に紙袋になった鮮やかさを考えれば

私たちの住む日本は、新しい環境、制度になるスピードは遅いのかもしれないなと。

なるべくエコバッグ持ち歩くようにしよう。 

 

音の記憶

先日バイトの帰りに道を歩いておりましたらどこからか風鈴の音。

かすかな夕暮れの風に澄んだ音が涼しさをもってきてくれるような気がしますね。

でも、何かの本で、風鈴の音で涼しいと感じるのは、およそ日本人だけ。

日本人の長年にわたる風習とか、音に対する考え方がずっと継承されて、

音を聞くだけで身体的に涼しさを感じることができるとか。

そういえば、数年前にハワイ島ヒロで宿泊したときに、寝る時に窓の外から何やら虫の声のような。

私なんかは虫の声だと思っておりましたけど、じつはカエルだそうで、

コキガエル。外来種だそうで、南米あたりから入ってきて天敵もいないので繁殖しているそう。

この声のせいで眠れないと宣うアメリカの方々が多いとか。

Img_0451

音によって、受け取り方が違うって面白いですよね。

もしかするとコキガエルがずっとヒロに根づいて、何百年も経つと

夜がやってきて鳴き始めるとアメリカ人も「風流だ」と思えるようになるのかもしれない。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。