« 終戦の日 | トップページ | ちびまる子ちゃん »

来年の参議院選挙

今自民党の総裁選挙のことがテレビで報道されていますが、
党員ではないので、まあ、どうでもいいのですけれども、
先の国会で、参議院の埼玉選挙区の定数を2増、比例の定数を4増する法案が
ろくに審議もされずに可決されました。
確か数年前に議員定数に関する党首討論が行われ、
当時の野田首相と安倍総裁(当時野党)とで身を切る改革を条件に
解散総選挙が行われました。

で、それからもう結構長くなりますが
過渡期的な措置ということでなぜに定数増になるのか
私には分かりません。

まあ二院制が機能しているのかとかいろいろ議論があるのは知っていますが、
せっかく二院制を採用しているなら、
同じような選び方をしないで、
思い切った選挙区の変更をしたらどうかなとも思います。
衆議院が小選挙区なら、
参議院は全席比例でも、中選挙区でもいいんじゃないかと
この素人は思います。

昨今国会がものすごく軽視され、
上意下達、従わないとなにやら「干される」とか。
中央の言うことにイエスマンばかりが重用され、
忖度政治みたいになっているのはどうなのかなとうっすら思わないでもないんですが。

ふと大学1年のときに担当教授(川島先生)から
「ホッブスを研究しなさい」と言われました。
私の頭にあったのは、中国の法家、荀子の「人の性は悪なり、その善なるものは疑なり」ということで、
(極度の人間不信だと思ってください)で、ホッブスの、人間が自然状態であれば、bellum omnium contra omnes(万人の万人に対する闘争状態)でありに通じるものがあると思いしばらくそれを追求して社会契約による政治システム(ホッブスの当時は市民社会ではないので)全体主義的な様相を帯びてはいますが、何やら、今の状態は、そこら辺の政治状況を目指している気すらします。

つまりは、17世紀ぐらいの状況。

市民が民主主義を知るずっと前の政治システムをうっすらと年頭に置いているのかしらと思うことがあります。

その昔、私が高校生のとき、政治経済という科目で選挙区について習いました。
今習うのかどうか分かりませんが、1812年マサチューセッツ州の州知事であるエルブリッジ・ゲリマンダーが、州の選挙区を自分の所属する党に有利なように線引きして、その形がサラマンダーに似ていたことから、以来こういう行為をゲリマンダーといいます。
政治家は一度なるとやめられない(ほど魅力的なのかは知りませんが)と言いますから、
どうしてもその職に就いていたいと思うものなのかもしれません。

イギリスのジェフリーアーチャーという作家の小説の中に
選挙区内で候補者を選ぶとき、その地方の党員にしっかりと面談され、推薦されるかどうかを見極められるシーンがあったやに思います。つまり、候補者が先生とよばれ、ふんぞり返っているわけではなく、
選ばれるために一生懸命自分をプレゼンしなきゃいけないというところに
国民のレベルの違いを見る思いがしました。
その本を読んだのがもう20年も前だということにまあ愕然とする思いがしますね。

民主主義は、国民にとっていろいろ考えなくちゃいけないし
面倒なので、どなたか面倒を引き受けてくれるっていう人にすがっておけば
おいしい思いもできるしっていうことで今の状態になっているんだと
つくづく

蝉時雨そら耳に聞く日差し哉(遊離哉)

来年は参議院選挙です


« 終戦の日 | トップページ | ちびまる子ちゃん »

「ユーリャの日記のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/67101055

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の参議院選挙:

« 終戦の日 | トップページ | ちびまる子ちゃん »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。