« レジから見る世界 | トップページ | 終戦の日 »

その国の文化

外国、特にアメリカのドラマをみることが多く、
特に心理サスペンスものなどが好きなんですが、
「クリミナルマインド」っていうのをよく見ます。
再放送なんかも見ちゃってるので
セリフなんか言えたりするぐらいですけど、
この「クリミナルマインド」には今まで2つスピンオフがありました。
「クリミナルマインドレッドセル」は何やらよく分からない状態で打ち切り。
「クリミナルマインド国際捜査班」はどうやらシーズン2で終わりのようです。
まあ、FBIの犯罪心理分析のチームがなぜ世界中出かけていって
事件に関わるっていうのが全然理解できないんですけど、
その中で日本が舞台っていうことがありました。
なぜだか寿司屋さんの話で、ああ、日本ってそういうイメージなんだろうなって思わないでもありませんでした。
まあ、東京なのになぜだか警察官のジャケットは警視庁ではなく「県警察」
警察署の責任者が女性とかいろいろ突っ込みどころ満載で、
笑えるのですが、今の時代になってもその程度の理解しかないと思うと
なんだかなあって思いはありますね。
外国の番組に出てくる相撲レスラーは単なるデブの取り組みだったり、
おおよそ現実とはかけ離れていますよね。

で、ふと思うわけです。

かつて一生懸命やっていたフラは
結局はハワイの人からすれば、でぶの相撲レスラーなんじゃないかと。
民族性の強いものを外国人がやるには本当に気を付けなくちゃいけないことがたくさん。
どんなにうまくやっても、そこは本国の人にしてみれば
たんなる猿まねに等しいことを自覚しなくちゃいけないいじゃないかなと。

ハワイ語も理解せず
メレの意味も分かろうとせず
自分で努力しないで借りものを踊ることの意義、
そんなものになってはいないでしょうか。

自分の目で見て、自分の耳で聞き、
思い込みではなく、きちんと調べて、
それでも私たちは外国の文化を借りているんだということを
忘れないで、私のフラシスターたち。


« レジから見る世界 | トップページ | 終戦の日 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/66922476

この記事へのトラックバック一覧です: その国の文化:

« レジから見る世界 | トップページ | 終戦の日 »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。