« 冬の訪れ | トップページ | youthquake »

人を教える難しさ

コンビニの仕事も長くなってきたので
近頃は新人さんを教えるという立場になることもある。
1か月ほど前に入った新人さんの
特にコーヒーマシンの清掃方法を教えるということになって、
わたしとしてはかなり丁寧に教えたのだけれども、
いまだによくできない。
外さなくてよい部品まで外してしまって
メンテを呼ぶ羽目になったらしい(私はいなかったのだけれども)

次に一緒に組んだ日に
自分のことを評価してくれ、よくできているところを教えてくれと言われた。

よくできているところ、ないんだよね。

私としては、懇切丁寧に教えてもできないことのほうが多いと言うのにもかかわらず
「ほめて」と言う気持ちが全く分からない。
厳しいようだけど、評価するところがありません。
私は自分のことにも厳しく、できないところを改善点としているので、
他人も当然厳しい。
言い方には気をつけるけれども、どんな場合にもあまり褒めて、よいしょはしない。
できているところを言ってあげたいところだけど、1人で何もできないのに、
甘い言葉はかえって仕事の邪魔だと思ったら、そういう言葉もかけない。

コンビニって、レジやって、商品並べるだけと思ったら、ものすごくたくさんやることもあるし、
覚えなくちゃいけないこともある。
機械やオンラインでできることにも精通してないとなかなか分からんことも多い。
それをすべて理解してても、きょうやることには新しいことも出てくるかもしれない。
フライもの1つだって、中華まん作るのだって、天気や気温で予想して売れ残りがでないように工夫もしなくちゃいけない。
それは勘みたいなものも要求されるし、
裏打ちするような分析も必要だ。
陳列は工夫次第で売れたり売れなかったり、自分がどのようなストーリーを考えてこれを並べるのか、それも学ばなくちゃならない。言葉で教えられないものも多くある。
自分の頭で考えられないと、優先順位も付けられないし、
時間ばかりが過ぎて作業がはかどらないことだってある。
言われたことをやってればいいっていうような世界だと思われても困る。

甘いことばでよいしょするようなことは、結局はその人をだめにしていくということが理解できないようだったら、
仕事なんかしないほうがいいんだと思う。
そういうのは優しさではない。

そういうことが理解できないのが子どもでなくて、大人だということが難しさをさらに強めていく。


そういう人でもいてもらわないと、今はとても人材不足だから。

つらいところだ。
Img_1136


« 冬の訪れ | トップページ | youthquake »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/66143848

この記事へのトラックバック一覧です: 人を教える難しさ:

« 冬の訪れ | トップページ | youthquake »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。