« もう11月も終わりますね | トップページ | 冬の訪れ »

Schadenfreude

過日、なんとなくテレビをみておりましたら、
脳科学者の中野さんというかたと編集者さん(名前忘れました)が対談しておられて、
なかなか興味深い内容だったのでここにメモっとこうと思います。

その中で、Schadenfreudeということばが取り上げられていて、
シャーデンフロイデと読みますが、ドイツ語です。
恥ずかしい喜びとかいう意味らしいですが、
要は人の不幸を喜ぶ気持ちを表す言葉なんだそうです。

対談で、妬みを感じやすいのは男性か女性かというお話だったのですが、
世の中で一般的に女性のほうが嫉妬深いとか言われております。しかし、社会に出て仕事をしたことのある人だったら多分多くの人が男性の妬みのほうが強いということをご存じだと思います。
男性のほうが脳の作りとして、この妬みを感じやすいそうです。
男性は自分に対する扱いに対して敏感に反応する生き物なので、
同期入社なのに、あいつだけが先に昇進したとか、そういう問題にとても憤りを感じる生き物であるということらしいです。周りを見回したら、ああ、なるほどと思うところありますよね。

今、このシャーデンフロイデがネット社会というものを基盤に
誰かが誰かを批判すると、
もう批判のお墨付きがあるかのように、どんどんあることないこと批判しつくされます。
その点ちょっと恐ろしさすら感じますね。

世の中で品格やら、こうあるべき論がなされていますが、ほとんどが自分の感情や気分に基づいたもので、
論理的に客観性があるかのように言いますけど、ほとんどがその材料を集めてくるだけで、
それはおおよそ客観性のあるものじゃないように思います。

品があるかないか、それが自分の生き方かどうかは答えられることなんでしょうが、
ひと様のことは、本当は分からないというところじゃないでしょうか。
どう生きるかということは、人に強要するのではなく自分がそう生きて見せることに意味があるのだと
思った1日でした。

« もう11月も終わりますね | トップページ | 冬の訪れ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/66106759

この記事へのトラックバック一覧です: Schadenfreude:

« もう11月も終わりますね | トップページ | 冬の訪れ »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。