« 57回目の誕生日と父の面影 | トップページ | その言葉の耐えられない軽さ »

人の手

最近まずい給食というので話題になりましたが、
学校給食。
このあいだの横浜市(在住なので)の市長選が
中学校の給食を復活するかどうかという争点だったやに思います。
私は結婚したこともなければ子供もおりませんので
学校給食が争点と言われてもなんとなくピンとは来ません。
ただ、毎日お母さん方が育ち盛りの中学生のお弁当を作るのも大変かなと想像するぐらいで、
実際にどうなのかはよくわからないものでもあります。


横浜にも件の給食のように「浜弁」なるものがあるらしく
業者に委託してそれを作っているようですが、
家庭からの弁当と選択制のようにも聞いています。
私の周りにお母さん方が少ないのでよくわかりませんが
そういうことらしいです。
なんかスマホで予約できたりするらしいですけどね。

私の記憶では給食センターにかかる人件費を考えると外注したほうが安いっていうことなんでしょうけど
民間っていうのはコスト中心でものを考えるので
神奈川県の平塚のあたりであった問題は、そこの意識の差というか
教育、食育ではなくて
要は食わせておけばいいっていう発想がそうさせたのかもしれませんね。
食品を扱う業者の中には、そういう徹底したコストカットが人の劣化を招いている企業もあるかもしれません。
コストをかけるべきところにはきちんと投資しないと
よいものは得られませんが、
なかなか地方の小さい企業には難しいものがあるかもしれません。
人の手配もできませんしね。

最近はアルバイトなんかもよく自分のするべきことを時間内にすればいいんだということを言います。
言われたことを自分の担当時間の中でこなしていけばどうせバイトだしとか。

私は言われたことをこなしているというのは、実は仕事の6割ぐらいしかできていないということなんだということを
どこかで聞いたことがあります。
引き続いて仕事をする仲間が仕事がしやすいようにとか、
今優先しなくちゃいけないのはどの作業がとか、
どうやったら時間内で効率的に作業できるかとか、そういうちょっと踏み出さないと仕事ってうまくいかないんですよね。

マニュアルとかシステムとかいろんなものが世の中を動かしているように思うこともありますけど、
やっぱりその向こうで汗をかいてるのは人だし、
人の手だなって思うんですよね。

それでもって、給食ですけど
給食のおばさんたちを無駄って決めつけたときからこうなることは運命だったのかもしれませんけど、
コストだけでない、そういう子供たちに対して投資することをやめちゃったんだなとも考えられます。
そういって食育だけを今のシステムに求めるのもちょっと酷な気もします。

アメリカじゃあ弁当ってパンにピーナッツバター塗ったりして、それで終わりみたいな、
そういう社会にいずれなるんでしょうかね。

ああ、そういえば選挙もあるんですね。
どういう社会にするかは、本当は選挙民のほうにあることを忘れずに。
今ボールは私たちにあるんですよね。

選挙には行きましょうね。選びにくくても。

« 57回目の誕生日と父の面影 | トップページ | その言葉の耐えられない軽さ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/65886120

この記事へのトラックバック一覧です: 人の手:

« 57回目の誕生日と父の面影 | トップページ | その言葉の耐えられない軽さ »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。