« 節分も過ぎて暦の上では春ですけど | トップページ | 塩竈にて »

pseudoscience

コンビニでお仕事中、お客さんが私のところへ来てこう言われました。
「すごいのよ、花粉症がレンコンで治るんですって」
レンコン?そんなことあるのかなあって思って
検索してみると、どうやら雑誌でそのようなことが書いてあるらしいです。
そのお客さんもその雑誌をお買い求めに来られたようで
「これでみんなに言ってあげられる」と喜んで帰られました。
雑誌に出てる=正しいこと、なんでしょうね。

花粉症などのアレルギーに苦しんでる方は
本当に藁にも縋る気持ちなんでしょうね。

ちょっと前まことしやかに
アレルギー抗体反応をバケツがいっぱいになって発症するみたいな説が流布されたことを記憶している人もいるかもしれません。
でも、あれはまったく根拠のないことらしいです。
たしかにアレルギーを発症する、発症しないというのは
ものすごく個人差があってその閾値というのは千差万別、
あるいは一般に広くこれですっていうことができないもののようです。
アレルギー反応がどうして起こるのか
多分完全に解明した人はいないので、
対症療法をしながら、生命の危険がないようにしていくことしか
いまのところできていないのが現状のようですね。

科学的なことを装いながら
実はあんまり科学的じゃないことが今の世の中いっぱいあります。
科学って実証できないことは認められないので
実証できないといきなりオカルト的なことを言ったり
あるいかカタカナ語でけむに巻いたりすることもよく見かけます。
みんながある程度信じているだろうことも
結構うそだったり、うそではないけど、言うほど効果がなかったりするものです。
ちょっと前すごく水素水なるものが売られてました。
あれも昔イオン水なるものがあって、その発生器などを水道に取り付けたりしたものですけど、
結局そう効果がないことが分かって、消えていきましたね。
このあいだ水素水もお役所から効果がさほどないと言われて、さーっと消えていきました。
多少、まだ販売されているものもありますけど、一時ほどではなくなりました。

去年も医療まとめサイトがとんでもない記事を出していたことで問題になりましたね。


レンコン、ひょっとして効果あるかもしれませんが、
それがどうして効果があるのか、
具体的にまだ解明されてないことは知っておく必要があるかもしれません。
花粉症の症状が軽減されればそれに越したことはないですが、
それが効果がないこともあるんだということは考えておく必要があるかもしれません。

ちなみに似非科学ということで検索すると
いろいろ出てきます。
興味があったら調べてみてその客観性を検証するということも必要かもしれません。

« 節分も過ぎて暦の上では春ですけど | トップページ | 塩竈にて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/64879254

この記事へのトラックバック一覧です: pseudoscience:

« 節分も過ぎて暦の上では春ですけど | トップページ | 塩竈にて »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。