« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

ONCE

アメリカでポケモンゴーなるゲームアプリが流行っているそうで、
これが結構社会問題化していると報道されていた。
どこかのSNSで放送中にスタッフがカメラの前を横切ったり
道路をスマホ画面を見ながらわたって事故にあったり
なんだか、なんだかである。

きっとゲームを作る人には批判もあるだろうけど
わたしはゲームを作る人は楽しくて人が夢中になるゲームを作りたいと思ってやってるんだろうから
その点に何も批判することはない。
でも、そのゲームに夢中になるがあまり
社会生活に支障が出るとか
いろんな人を悼む施設とか
静かにいろんなことを研究する施設なんかに
そういうものを持ち込む人のほうがなんだかなんである。

ネット社会とか言われる。
スマホも小さなパソコンで
いろんな情報をやりとりできるため、
いろんな世界がいろいろと広がるというのはよく分かる。
使うほうが全然なんである。
全然自分の姿が見えてないのである。


スマホを常時覗いて、
いろんな情報を収集して
ゲームやってってしているときに
自分の姿をちょっと思い浮かべてみようよ。
電車に乗ってて、向いの席の全員が全員ともスマホをやっていて
その図をみてわたしはちょっと寒い気がする。
勘ぐりかも知れないけど、そういうおもちゃを与えられて
全員がその虜になっている姿はまるでなにか全体主義のようにも思えるからだ。
そりゃおばさん、勘ぐり過ぎたと言われるかもしれない。

勘ぐり過ぎならいいのだけど、
自分の行動を制御できない、
あるいは自分の行動に責任が持てないとしたら、それはどうなのかな。
その小さな機械は自分の欲望だけを解き放って、気分いいかもしれないけど
なんだか他者のいない世界を幻想だけど作り上げて
それになんだかみんなを引き込んでいるようにすら思える。Photo_002


ウェブはもともと軍事目的で構想されたものが
民生用になったものだ。
人を本気で操ろうと思えば
存外簡単にできるのかもしれない。
ネット社会はいろいろなところと
すぐにつながっていけるが、その正体はよく分からないところも多い。
ネットで検索すると間違っている情報が結構多いにも関わらず
それがまことしやかにリピートされたりもする。

この玉石混交、石のほうが多分多いにも関わらず
昔活字になると信用されたように、ウェブに乗っているからと鵜呑みにする人もけっこういるらしい。

それにネット社会は自分の感情の増幅装置、あるいはアクセラレータのような働きもしている。
自分の感情や、自分だけの正義感を正当化するために自分の意見に近いものを収集することはたいへん容易にできる。事実はどうあれ、自分の気に入るものだけを収集していくと、人工知能などの実験で分かるように、暴走していくものなんだ。

人間は自分で自律することで自由が得られると私は考えている。
そういう意味からすると、今はどんどん他律的になっているのではないかと危惧する状態なんだけど、
きっとそういうの、スマホ画面が見えないから見ないという老眼だからでしょと言われるんだろうな。
きっと。

人間は一度便利さを手にすると、それを手放すことがなかなかできない。昔一億総白痴化とおっしゃった大宅壮一さんは書物や雑誌を念頭にテレビの普及に伴う知の崩壊について危惧されたようだが、
今やそれがグローバル化しているともいえるかもしれない。
人間の行動について考察し、あらたな自分なりの行動規範を考えるときかもしれんよ。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。