« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

つねに宿題を出されているような気がする

阪神淡路の震災からもう何年たったんでしょうか。
あのときの震源も活断層と言われ、その後いろんなところの活断層調査が始まった気がします。
それで少しは分かった気になっていたような気がしますが、
東日本大震災があって、それが津波を引き起こしたために
こんどは津波対策ということで海岸線のかさ上げや防潮堤に人々の関心が移りました。
東北の被災地はまだまだ復興の途上ですよね。

それで今回連続した活断層地震。
震源域の広さは多分関東に住んでる人には想像がつかないくらい
広い、遠い。
しかも九州は中央部に山があり通行がなかなか難しい。

行政もがんばっているでしょうけど
九州の災害対策は洪水や台風、あとは火山噴火ぐらいで
このような地震が群発するような事態は想定外。
想定外を責めても仕方がありません。
水害は水が引けばなんとかなりますが、
地震はいつやむのか、道路が各所で寸断されるような事態を想定しにくかったと思います。
東日本大震災のとき、震源から遠い横浜でも店からものがなくなったことを覚えています。
横浜の浦島町で販売の仕事をしていたので、
ものが入荷してもすぐに買われてしまうという状態で空になった棚を見つめておりました。
そのときに3日分生きられる分の物資は自分で備えましょうということがよく言われておりました。
たしかにそれがあったほうがいいのはいいですけど、
命からがら逃れてきた人にそれを求めるのは酷でしょう。
家に残った食材が腐敗する前にと炊き出ししてて火事になったというケースもあったようです。

自然に人間が試されているような気すらします。
そしていつも落第してるような。


行政が混乱しているようなので、
少し離れている被災してない自治体の人や
ノウハウを持っている民間の人にぜひ知恵をだしてもらいたいですね。

遠くにいるわたしたちは何もできなくて、
ただ祈るだけですが。

わたしたちが何かできるようになるまでにはもう少し時間が必要なので、
それまでどうか被災された方頑張ってください。

災害は忘れないうちにやってくる

東日本大震災から5年
きのうわたしの故郷熊本で震度7
本当に地球っていうのはいろいろなことがあります。
まあ地球規模で言えばこのぐらいの規模の地震っていうのは
とくに大きなものでもないですが、
火山性のものの地震とかは経験していても
多分そんな大きな地震は熊本の人は経験していなかったかもしれません。
東日本大震災のときと違って
直下型でエネルギーの伝わり方も違うでしょうから
まったく別の体験かもしれません。
東日本大震災のときの、長くいつおわるかも分からない横揺れと違って
下から突き上げるような揺れが何度もというのは、
大変だったと思います。
実家には母が一人でいるのですが
今朝がた電話が通じましたんで無事は確認しました。
戦争も経験した人が怖かったと言いましたから、
やはり半端ない揺れだったことには違いありません。
被害を受けられたかたお見舞い申し上げます。

以前から今回の震源あたりで断層地震があるのではと言われていましたので
そこらへんは科学が発展していると言えるのかもしれませんが、
大きな自然変動に対して本当に無力ですね、人って。

Travel_022


« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。