« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

Have fun!

今日はねこの日だそうです。にゃんにゃんにゃん。

ねこを見てると本当に好きなことしかしないっていうか
その生き方いいなあって思うんですよね。

英語ではHave funということば、よく聞きます。
日本語にすると「楽しんでね」ですが
ニュアンスがちょっと違うように思います。
言語はその言語を使う国や地域の人の考え方を表しますから
まず前提に「何かを楽しんでやること」がオールオッケーな地盤があってこそ
このことばが生きてくるわけです。
つまり何かを楽しくやる=今までやってきた技能や練習が十分に発揮できて満足できるという意味なのですから、
字面どおりにただ楽しくやる(真剣にやらない)という意味ではないんですよね。

日本でも、最近何かをやるときに
この「楽しんでね」を使うようになりました。
欧米の考え方が言葉を通して輸入されつつあるということでしょうか。
ただ、やはり古い考えの方もいるので
そんなふざけた態度で!とおしかりを受けるかもしれません。
そういう言語の持つ意味が過渡期にあるときにはそういう齟齬が生じやすいのかもしれませんね。

日本の人は真面目すぎるところがあるので
何事も真剣にというのが昔からあるのでしょう。
わたしの小さい頃はまだ大人の人たちが戦争体験者でしたので
体育などは軍事教練の色がまだありました。
運動会などでちょっと気をぬいたり、並んでいるときに友達とふざけたりしたら
すぐ「ビンタ」でした。笑ったりするなんてもってのほかでした。
「楽しむ」というのとはかけ離れて「精神論」が何かにつけて中心にありました。
最後は精神力だと言われて育ちました。

精神力も大事ですが
体の筋肉や脳の状態から考えると
硬直した状態よりも、ここぞというときに力を発揮するのは冷静さであり
むしろ楽しいと思っているときなんですよね。

子どものころ、おばの家で座禅を組まされたときに
「精神統一」と言ってすごく緊張して動かないぞっていう気持ちで臨めば臨むほど
体は動きますし、集中は全然できませんでした。

ある本で本当は座禅を行うとき1点に集中しようとするのではなく
自分は限りなく大きな器になるのだ書いてありました。それが「空(くう)」であると。

わたしはそれから自分のとっちらかった思考で溺れてしまいそうなときは
かならず自分を想像の川のほとりに座らせ、流れる川を見ます。
そうして自分の思考をどんどんと捨て去って、最後にその川が意識の中から消えていくのを
もう1つの目で眺めるように想像します。

それがわたしのHave funの準備方法です。

オリンピックで選手たちが「楽しんでやれました」というのは
決して遊び半分にやっているわけでは全くありません。
それが結果に結びつかなくても、自分としては全力を出して満足だという意味だということを
わたしたちみたいな旧世代は理解しなくちゃいけないんですよ。

残りの競技の選手たち、ぜひ「楽しんで」!

形容詞、こいつが曲者

雪がたくさん降りましたね。
横浜でも20センチぐらいの積雪。
南国育ちのわたしは、あんまりたくさんの積雪を見ることがありませんので
ただただ、家にこもって仕事を片付けていました。

靴につけるカンジキみたいなものも以前東北に行ったときに買ってはいるのですけどね。

さて。


「現代のベートーベン」
一瞬に夢が壊れましたね。
まあ、ベートーベンが耳が聞こえないから評価されたかどうか疑問ですけど。
曲がよければ、あのような形容詞が必要かといえば多分NOでしょう。

いろんな形容詞がありますよね。
苦節何年とか、
じつは以前こういう職業だったとか。。。
でも、芸術作品って、その作品がどうかだけが問題であって、
その作品が好きであればそれでいいのであって、
そこがみんながいいと評価しているからとか、
その人がどうだからとかいう「形容詞」はあんまり本質と関係ないんじゃないかなと思ったりします。

まあ、世の中にはいろんな形容詞が振りまかれていて
その効果も絶大なんだろうけど
その本質を見る目をつけないと
いろんなことに振り回されることになるんじゃないでしょうかね。

いろんなことを学ぶけど
教育システムで得られないのが
本質について洞察し
それについて考察を進めるという能力かもしれないですね。
論理的にものを考えているつもりでも、
情緒に流されたり、
その「形容詞」に惑わされたり。

今回のことでよく考えると得られた結論は
形容詞の多いものはあんまり信じちゃいけないという
人生訓ぐらいでしょうか。

冷静に今の状況を見られる目が自分に育つまでは。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。