« 声の記憶 | トップページ | sweatshop »

世の中便利になったけど

ストリートビューってあるじゃないですか。
ふと思い立って、昔住んだことのある地域を検索したことがあるんです。

わたしもう半世紀も生きてるんで
昔むかし育った地域がどうなっているのかなと思ったことがきっかけです。
とてもお世話になった人とか
そのときの近所のおばちゃんとか
それ以後の消息をわたしも知ろうとしなかったし
両親も教えてくれなかったので
ずっとそのままになっていました。
まあ50年も前ですから、そのときにお年寄りだった人は
もうすでにいらっしゃらないとは思うのですが。
わたしの記憶の中ではそのままでいるわけで。

20121016_222310

スキャナがうまく機能しなくて、カメラで撮ったものなんでぼけぼけですいません。
この写真の中央はわたしです。
周りにいる人はすべて近所の人です。
わたしの両親は両方とも仕事を持っていたので
近所の人に育てられたと言っても大げさではありません。
当時の記憶は自分の家よりも近所のおばあちゃんの家をよく細部まで覚えていて
今でも時折思い出すことがあります。

そのおばあちゃんちがどうなっているか、ストリートビューで確認しようと思って、
近所のビューを表示しました。
少し近所に店ができたりしていましたが、そこは「ド」がつくほどの田舎ですから、
記憶の中とほとんど変わりがありませんでした。ああ、変わってないなと思って
「もうすぐおばあちゃんちだ!」と思って先へスクロールしたところ、
そこにはただのコンクリートの壁。思わず行き過ぎたかと思って、もう一度いろいろな角度を試したのですが、
やっぱりコンクリートのよう壁。
どうやら道路が拡幅されたときに、なくなってしまったようで、そこにはもう記憶のなかの家はありませんでした。

わたしの記憶のはじまりが、なんだかコンクリートの壁で塗り込められたような気がしました。
ストリートビューってなんか、便利だけどなんか残酷。

« 声の記憶 | トップページ | sweatshop »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/58444766

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中便利になったけど:

« 声の記憶 | トップページ | sweatshop »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。