« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

自分の中のもう一つの声

今日は久しぶりに休み。
タイトルを読むとなにやら分裂人格なのか
あるいは解離性の何かみたいだけど・・・

今コンビニで働いている。
まあ翻訳者としては三流なので
どっかで収入を補わなくちゃいけないというのがあるし、
50を過ぎて何か役に立てることといったら、
やり慣れている販売の仕事がてっとり早いということと、
家の近くで仕事をするとなるとそういう職種しかなかったということもある。

でも販売というのは、面白くて
そして難しさもあって、けっこう自分を刺激してくれるものもあるから
忙しくてつかれるけどあんまりストレスは感じていない。
むしろ自分というのは、そういうものが向いていたのかもしれないとすら思う。

このコンビニ業界で今問題になっているのが、
若いアルバイト店員のソーシャルメディアによる写真の投稿。
自分たちで楽しんでるのに、なんで横からRTすんだよって具合なんだろうけど、
ソーシャルメディアってそういうもんですから、
そういう世界に投稿するってことは、みんなに見られちゃうっていう想像はつかない。
自分の想像つかないことは存在しないかのように思っている。
それが幼いってことなんだろうけど、
そういう仲間うちの続きが彼らの世界観なんだろうなあ。
そういうふうに育ってきてしまった彼らをどういうふうに仕事させていくか
なかなか難しいところにある気がする。

自分を肯定することはそんなに悪いことじゃないけど、
自己拡大が過ぎるとかなり迷惑をほかにかけることになってしまう。
ここで「昔はー」って話をしても耳の端にもかからないだろうけど
本来はそこで他者とぶつかって、自己を確立していくものなんだろうと思う。
でもそういうぶつかりはソーシャルメディアでは無視していくうちにないものになっていくんだろうな。

それと、自分の中に自問自答というか、自分を客観的に見る目が全然養われていない気がする。
自分を「それでいいのか」って呼びとめるその声。
それってどうやって身につけたっけ?

覚えてないなあ。もう長くいきてるせいなのかしら。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。