« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

昨日『ボディ・オブ・プルーフ』という海外ドラマを見てて

いつも月曜日は「ブリッジ」っていう北欧のドラマ見てたんだけど
先週で終わっちゃったので、
今週から「ボディ・オブ・プルーフ」っていうアメリカの検視官ものに。
第1回っていうことで、かなりな部分主人公のこれまでをそれとなくなぞる感じのストーリーで
元優秀な脳外科医で
多忙なため夫と衝突、
子どものお迎えの途中
手術が入り電話で夫と口論してる途中
運転中だったため事故に遭い
その後離婚。
手にしびれが残ってしまって、結局脳外科医としてはやれなくなり検視官にっていうことだったんだけど、
その彼女のセリフで
「男は仕事が忙しくなれば、出世したって褒められるけど、女は仕事が忙しくなると、妻として、子どもの母としてちゃんと勤めを果たしてないって言われるんだよね」と。

わたしは結婚もしてないし、ましてや子どももいないけど、
よく結婚しても仕事は続ける人に対して
「仕事と家庭生活の両立できるの」って聞かれることがあるよね。
男の人は結婚すると
「これからは仕事ちゃんとしなきゃな」って言われる。男の人が両立っていうことはまず言われることはない。
でも、誰かと人生を一緒に生きていくっていうことは
やっぱり協力なしにはやっていけないと思うのね。
お互いできる範囲で協力していくっていうのが
多分長もちする関係っていうもんだとわたしは思う。

その主人公、メーガンっていうんだけど、彼女が
「足りないところを補っていくんだと思ってた、結婚って。でも違ってた」

先日もどなたかの離婚について
女性が「男をたててないから」って言ってた。
同じ女性に対して、男を立ててないから離婚されるんだって非難するのもなんだか寒い感じだけど、
(それに知り合いでもないのにそんなことどうでもいいだろっていう気もする。事実かどうかも分かんないし)
「仕事との両立」とか「男を立てろ」って言葉自体が死語みたいになったとき、
本当に男性にとっても、女性にとっても
フェアな世界が実現するのかもしれないね。

わたしが生きてる間にはまず無理だな。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。