« SRYとごめんの間 | トップページ | わらび狩り »

ダウンサイズの難しさ

体重の話・・・ではありません。
今日は昭和の日ということで、昭和生まれのわたしは昔のことを結構覚えていますが、
平成生まれがもうすでに成人になっている時代の今日
日本が貧しかった時代なんてもう知らない人の方が多いでしょうね。

わたしが小さかったころはまだどこかに戦後の雰囲気がある時代でした。
日本がもう戦後ではないと言われ始めたころ、
地方ではまだまだ傷病兵の格好をした人が辻に立っていたり、
靴磨きをしている人がいました。

震災で原発が事故を起こし、原子力発電がいかに危険な綱渡りであったかということを思い知った日から
まだそう日も経ちませんが、もうどんどんと過去のものになっている気がします。
こんなに酷い目にあったのに、自然エネルギーのことなんか全然わすれちゃっている気がします。
事故後はあんなに電気のことが取り上げられていたのに。

電気料金はいけしゃあしゃあと(言葉が汚いですね)上がることになっていますし、
今年も節約しなきゃあなあと思っているんですが、
また口をぬぐったように電気を使うことがエコロジーであるかのように言われてきているのは
なーんかちがうんじゃないかいって思うわけです。

極端な人たちは江戸時代に戻れなんていう人もいますけど
それはまた、乱暴な意見だと思います。
いろいろなものがそれなしで成り立たないようになっている以上、
うまくダウンサイズしていかなくてはいけないんですけど
そこらへんに知恵が回る前にどうしても人間って一度知ってしまった味というか
生活スタイルを変えることができないのかもしれませんね。
わたしの小さかったころにさえ戻ることはできないでしょう。
携帯もないですし、自家用車もなかった。
快適なエアコンもありませんでしたし、テレビはNHKと民放2局でした。
どこかに荷物をおくるのにも、ずいぶん日数がかかりましたし、
コンビニもありませんでした。
そういう生活すらむずかしいでしょう。

携帯のない生活、これもできないでしょうし。
電車もいまさらディーゼルで走らせられないでしょうし。
自動改札や自販機もやめてしまえないでしょう。
電気をもっと安全に作る方法も、
節約する方法も両方よく考えなくちゃいけないんでしょうね。
何でもダウンサイズするのは難しいもんです。
大きくなった組織とか、会社とか

ああ、私の体重も(笑)

« SRYとごめんの間 | トップページ | わらび狩り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。めーみです。
覚えていらっしゃいますでしょうか。

原発の報道もめっきりなくなり、以前と変わらないような錯覚をしてしまいますね。まだ復興もままならないところもあるというのに。
また、私も昭和の人間ですので、有人改札のことを懐かしく思い出しました。

めーみさん>お久しぶりです。
元気にしてらっしゃいますか。
新宿でお会いしてからもうずいぶんになりますね。若葉のたい焼きは結局食べずじまいで東京を離れてしまい、ちょっと残念です。

覚えていてくださり、ありがとうございます!
私も今は東京を出て、横浜に住んでいます。二歳の息子がいます。
若葉のたいやき!そんな話をしたのですね。記憶になくてすみません。
久しぶりに食べたくなりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/57272246

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンサイズの難しさ:

« SRYとごめんの間 | トップページ | わらび狩り »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。