« 外国語を勉強するということ | トップページ | 田老にて »

復興応援レポーター

岩手県のテレビ局などの企画で
「復興応援レポーター」というのがあって、
この週末に岩手県の宮古市、山田町に行ってまいりました。

今日は11日ですから、もう来月であの震災から2年が経とうとしていますね。
東京や神奈川でも帰宅難民や、地震で壊れた建物などもあったのですが、
もう時間の経過とともに、どんどんとそれは昔話にかわりつつあるのかもしれません。
震災直後は津波の被災地や、原発の関係で避難されている方々のために
何かをしなければということで、義援金を出したり復興ボランティアにみんなが出かけたりしていましたね。
でも、最近では「震災義援金」と聞くと
ああ、まだやってるんだと思う自分の反応に、自分で驚いたりしていました。

仕事の関係で、震災復興に携わる方の話をよく聞くことがありました。
今の被災地で必要なものは、もちろんハード的な道や街づくりも大変重要ですけど
経済を回すことなのだということを聞いていました。

そこへ復興応援レポーターという話がまいりました。
わたしの友人が応募していたんです。
三陸応援交流券というのを補助してもらえるツアーだったので
喜んで参加させていただきました。

被災した各地を回って、この困難な状況でも立ち上がろうとする人々に
少しでも応援できたらと。
わたしははっきりいってビンボーです。フリーターですから。
ボランティア活動などでがれきの片付けの手伝いでもできたらいいんですが
その時間もないし、なおかつ気管が弱いので被災直後に入っても
多分足手まといになるだけ。

こんな企画でもなければなかなかそこに行って
買い物することもなかったと思います。

でも、現地に行って、ちょっと考えを改めました。
ここ横浜にいても、東北産のものを買うことはできます。
品物の向こうにあのがんばっている人たちがいるんだと思って
なるべくそういうものを買うようにしようと思います。

被災地はまだまだ復興の途上ですが、観光に行ける方はどんどん行ってください。
本当に復興するまで本当に長い年月が必要です。
それは20年とも言われているくらいハード面が受けた被害は大きいです。
でも、人々は本当に一生懸命、それも誠実に生きておられます。
海水浴などができるように、海水浴場もきれいに片づけられておりました。
東北の産物もなるべく買ってください。
真崎のわかめとか荒巻など
絶品です。

写真は津波被害がひどかった田老の第一堤防と
復興しつつある田老漁協の新巻鮭。鮭が風に揺られていました。Taroh


« 外国語を勉強するということ | トップページ | 田老にて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/56744520

この記事へのトラックバック一覧です: 復興応援レポーター:

« 外国語を勉強するということ | トップページ | 田老にて »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。