« おくればせながら | トップページ | 復興応援レポーター »

外国語を勉強するということ

英会話の学校やら
英会話講師やら
たくさんありますねえ
電車の中でそういう中づり広告を見ない日はないくらいです。

ときどき、どうしたら英語うまくなりますかとか
どうやって勉強したんですかって聞かれることがあります。
英語関係の仕事をしているからって
わたし英語がすごく上手ってわけじゃないんです。
ただ、伝えたいことがあったら伝えられる程度には
多分中学、高校の英語で十分だと思いますし
要は伝えたいことがあるかどうかだと思うんです。

外国語を勉強するということは
その国の人の思考のプロセスを学ぶということだと思います。
人間は思考するとき自分の言語によって組み立てて行きますから
日本語だと日本語の特性に従ってまず全体像を考えてから話し始めます。
でないと、動詞が一番最後に来るので、
主語+話したい内容+動詞という考えて、しかも最後まで聞かないと否定する内容かもという構造になっています。
これには日本人の時間に対する概念とか
もともと書き言葉であったという歴史とか
それこそ言語が日本を表してると言ってもいいかもしれません。

一方英語などはたいてい
主語+動詞+話したい内容になっているので
まず何かがどうであるかを表明してから、あとでその内容について説明するという構造になっています。
言いかえれば、自分の立場を曖昧にして生きていくことができないことが言語から伺えます。
さまざまな文化を通過して、とくに英語などは成り立っているので
そういう発展の仕方をしたんだなと考えることもできると思います。
つまりは外国語というのは、その言語を話す人たちの歴史観や価値観を支えるものなので、
そういう意味で外国語を学ぶということは、その人たちの思考のプロセスを学ぶということにもなります。

うまくなるこつなんてわたしにはわかりませんが
英語を話すときは、その思考パターンを変えて話さないと
全部を考えて動詞を選んでなんてやっていると
その言語の持つスピードにおいて行かれちゃうってことですね。

« おくればせながら | トップページ | 復興応援レポーター »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に、お久しぶりです。
久しぶりに岩田一男先生の「英語に強くなる本」を手に取り、「日本文の流れと英文の流れ」を読んでいました。まったくユーリャさんの書かれている通りです。
当時とあまり変わらない英語教育をなんとかしようと個人的にあがいていますが、ここでもう一度聖典である「英語に強くなる本」に戻り、内容の紹介をしようと考えています。

>てっちゃんさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
近頃の英語教育は少しましになったという声も聞きますが
ますます、なんだかへんてこりんな方向に進んで行っている気もしないでもない印象もあります。
それもこれもなんだかやみくもに暗記するなんていうものが幅を利かせているというせいもあるかななんて思ったりもします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/56651615

この記事へのトラックバック一覧です: 外国語を勉強するということ:

« おくればせながら | トップページ | 復興応援レポーター »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。