« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

外国語を勉強するということ

英会話の学校やら
英会話講師やら
たくさんありますねえ
電車の中でそういう中づり広告を見ない日はないくらいです。

ときどき、どうしたら英語うまくなりますかとか
どうやって勉強したんですかって聞かれることがあります。
英語関係の仕事をしているからって
わたし英語がすごく上手ってわけじゃないんです。
ただ、伝えたいことがあったら伝えられる程度には
多分中学、高校の英語で十分だと思いますし
要は伝えたいことがあるかどうかだと思うんです。

外国語を勉強するということは
その国の人の思考のプロセスを学ぶということだと思います。
人間は思考するとき自分の言語によって組み立てて行きますから
日本語だと日本語の特性に従ってまず全体像を考えてから話し始めます。
でないと、動詞が一番最後に来るので、
主語+話したい内容+動詞という考えて、しかも最後まで聞かないと否定する内容かもという構造になっています。
これには日本人の時間に対する概念とか
もともと書き言葉であったという歴史とか
それこそ言語が日本を表してると言ってもいいかもしれません。

一方英語などはたいてい
主語+動詞+話したい内容になっているので
まず何かがどうであるかを表明してから、あとでその内容について説明するという構造になっています。
言いかえれば、自分の立場を曖昧にして生きていくことができないことが言語から伺えます。
さまざまな文化を通過して、とくに英語などは成り立っているので
そういう発展の仕方をしたんだなと考えることもできると思います。
つまりは外国語というのは、その言語を話す人たちの歴史観や価値観を支えるものなので、
そういう意味で外国語を学ぶということは、その人たちの思考のプロセスを学ぶということにもなります。

うまくなるこつなんてわたしにはわかりませんが
英語を話すときは、その思考パターンを変えて話さないと
全部を考えて動詞を選んでなんてやっていると
その言語の持つスピードにおいて行かれちゃうってことですね。

おくればせながら

Oahu


今年もよろしくお願いします。
FaceBookの方ばっかりアップしてこちらは放置しておりました。
写真は昨年カウアイ島でフラの修行した帰りによったオアフ島での夜明けの写真です。

今年はどんな年だろうと思ったら、年明けそうそう先生からの体罰といういじめで自殺した生徒の話やら、
アルジェリアで人質が取られ、安否もよくわからないといった殺伐とした感じで年が明けましたね。

暴力というのは、どんな場合も許されない。
それは国という単位でも言えるとわたしは個人的に思っています。
報復を暴力によって行えば、やった人と同等になると思っているので
やり返せっていう気持ちはわからないじゃないですが、
それは人としての尊厳を損なうと思います。

体罰。昔はよく目にしました。
わたしの小学生のころはまだまだ戦前の生まれの先生などもいて
「連帯責任」という言葉でよく殴られたりたたかれたりしました。
もちろん自分がやらなかったこと、たとえば宿題を忘れたり、給食を残したりしてもたたかれました。
どなたかが云ってましたけど、暴力を振るわれると子どもはそれを逃れるためにその人の機嫌をとったり、
怒られないためにうその自分を作ったりするようになるそうです。確かにそうだと思います。

以前も書いたことがありますが、
わたしは小学生のころ、先生からものすごくいびられました。
6歳のわたしにはその理由が分からず、一生懸命その人に怒られないで済むようにしたのですが
もともと器用ではないので、墓穴を掘りまくりで、またたたかれる、顔にマジックで落書きされる、居残りさせられて放置されるなど、さまざまにいじめられてきました。
でも、なんとか今50過ぎまで生きてくることができました。

つらい立場に置かれている子どもたち
あるいは大人でも職場でいじめられてつらい思いをしている人たち
どうか生き延びてください
きっといつか自分を生かせるフィールドが見つかると信じて。
自分を強くもって。あなたはそんなに弱くない。

そういう日はきっとくると思います。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。