« へんな日本語は職業がらとても気になります | トップページ | kaua'i »

2030年

おお、わたしは70歳だな。

総合資源エネルギー調査会で、2030年の電源を検討している。
70歳のわたしはもうその時点で現役ではなかろうし
(今も現役かどうか・・・)
生きてるかどうかも分からないけど。

マスコミも政府も産業界もエネルギーが
必要だからって言って
またぞろ原発を稼働させるという方向にどうしても持っていきたいと
そういう意志のようなものすら感じるけど。

ふと、福島第一原発4号機って
どうやって壊れたんだっけって考えた。
確か、あれは稼働してなかったんだよね。点検中で。
それであんなにぼろぼろになった。
中に入ってた使用済み核燃料棒のプールの水がなくなって
燃料棒が露出したからだ。

使用済みの核燃料棒はいったい日本に今何本あるんだろう。
最終処分場が決まらないのに、
あんなにどんどん使用済みのごみを増やしていって
災害じゃなくても、ちょっとした事故で4号機のようになっちゃうということだよね。

がれきの放射線レベルどころじゃないっていうのは
素人でもわかることなのに、
そこんところを報道している新聞も
テレビもない気がする。

電源構成がどうこう言う前に、
今ある使用済みの核燃料棒をどう処理するか
それ決めてほしいなって思う
がれきすら引き受け手がないのに
どこがそれを引き受けるだろう。

すごく長い間それを保管しておかなくちゃいけないのに、
その分も原発のコストに算入しないのはなぜですか。
ごみをどこに処分するんですか、なし崩し的にあいまいにしたまま原発を再稼働するって
それって。。。。

« へんな日本語は職業がらとても気になります | トップページ | kaua'i »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

その通りですね。原発の最大の問題点は、安全かどうかではなく(そもそも安全ではあり得ないが)、放射性廃棄物をどう処理するか(何十万年もかかりますが)であるということですよね。なかなかその話が出てこない(久々に見たのは橋下さんの提言でした)のは、その話をしたくないからだと思えてきますよね。その話が出てくると、原発を否定せざるを得ない。まさにドイツの倫理委員会が原発の廃棄物を倫理違反だと断罪し、脱原発に方向転換させる根拠としたように。

たかぼさん
コメントありがとうございます。
経済界というのは、何がなんでもエネルギーなんですね。
わたしたちはたまたま今回福島の被害だけで済みましたが
これは本当にたまたまで、
今こうしてのんきにブログなんて書いていられなかったかもしれないんですよね。
あのとき、決死の思いで注水に行ってくれた人たちが
そのたまたまを支えてくれたんだと思います。
格納容器は無事だとずっとわたしたちは聞かされていました。
でも、穴があいて下に流れていたんですから
格納容器が爆発なんてことになっていたら、
日本は終わっていたんです。
野田総理は自分の責任においてって言いますけど
1億人の避難民が出て、総理1人の首を差し出されたって
それって何の足しにもならないってこと分かっているんでしょうか。
ハシモトさん。わたしはこの人あんまり信用できません。
どんどん言うことが変わりますから、多分受けの良いことを言っているんだと
なんとなく思います。

ここで政策を転換できないとしたら
世界中から多分笑いものです。怒りマークつきの。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/54826344

この記事へのトラックバック一覧です: 2030年:

« へんな日本語は職業がらとても気になります | トップページ | kaua'i »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。