« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

あけましておめでとうございます

日本が大変な岐路に立たされた1年が過ぎ
今年はどんな年になるでしょうか。
今までの積み残しや
先送りした付け払いでしょうか。
事実をありのままに受け止め、冷静に対処していくようにしたいと思います。
今のこの時も40万を超す人たちが避難生活を強いられ、
一方で何も変わらないかのように過ごす人もいます。

この1年が少しでもよい方向に向かいますように。

Photo


ネギ持って電車に乗れるかどうかが

先日からちょっとお腹の調子が悪くて(たぶんノロかしら)
3日間ぐらい苦しんだあとで
ずっと流動食。やっと固形物が食べられるようになって、
今日は普通にバイトに行き
帰りにネギを買いました。ええ、バイト先で。
バイト先から家までは電車を30分ぐらい乗るんですけど、
レジでほかのバイトの子から
ネギ持って電車に乗るんですか?って言われた。
乗れますけど、何か。

若い子ならいざ知らず、
わたしはもう半世紀も生きてる「おばさん」なので
ネギぐらい持って乗れます。

ということで、
ネギ持って電車にのれるかどうかが
「おばさん」の試金石であることを知った日でした。

甘納豆と近道と当たらないくじ

先日、友人に小粒の甘納豆をいただいた。
小さいころ、わたしはすごい田舎に住んでいて、
近くのお店と言ったら
小学校の近くにある文房具やらとちょっとお菓子がおいてある「よろずや」さんのような店。
ここにくじのはいった甘納豆がおいてあったことを思い出した。
相方に言っても、
育った地方も違い、年もわたしよりかは若いので
そういうお菓子があったことは知らないと言っていた。
ネットというのは便利なもので
そういうことを覚えている人がいないものか検索したら
いました、いました。
いくつかのブログにこのくじ付きの甘納豆のことが書いてありました。
小さい甘納豆を買うと中にくじが入っていて
それであたりがでるとその上の方のたくさん入っているだろうと思われる甘納豆が当たるというものでした。
でも、それを当たったことはなく、それが当たったという人も見たことがないので
子供心にどういう人が当たるのか不思議に思っていたところ
どうやらあたりのないくじだったようです。orz脱力

もう少し後の世代の人は
豊富な駄菓子をいろいろご存じのようですが、
わたしの子どものころって甘納豆以外
飴くらいしかなく、
一生懸命10円を握りしめてこの文房具やに通っていた気がします。
いつかあたるものと思っていたのですけどねえ。(いまもくじ運はないので)
あたりのないくじですかあ。

ということで、子供のころを思い出すと
昔から1つはまっていたことがあります。
それはどうやったら目的地に最短距離でつくことができるかということです。
小学校のころは、学校まで40分ぐらいの歩きでしたから
帰り道どうやったら最短コースで帰れるか、いろんなことをしました。(通学路って何状態です)
まあ、交通量の多い街に住んでいるのではなく、住宅地や畑、ちょっとした山を越えて40分歩くわけですから
どこへ通ったら、どんなところがあって、近道できるかっていうことにはまっていたんですね。
予測をもとにいつもの道をはずれていろんな路地を通ったりするわけですから
ときに予測が外れて民家の庭を通り抜けたり(不法侵入ですかね。その節はごめんなさい)
意外なところにため池があって通れなかったり。

上の甘納豆の時代はそれでも、少しは町に近い場所に住んでいたころなのですが、
小学校にはまだ上がっていないころ。
この近道探索の始まりはその甘納豆を買いに行った帰り道。
うらの畑を回った方が早いとふんだわたし。
近所の友達とそのはたけに回ろうとしました。ちょっと進むと予定外のできごとが。
昨日まで何もしていなかったはたけに、なんと液状のものが。。。。。むかしなつかしいあれです。
友達は退却しましたが、わたしは何としてでもこの道を通ると決めたので突進。
足にそのものがとりつき、歩行が困難になって、
畑の真ん中で行くも引き返すもできない状態になってしまいました。
灰色の空と足元の不快なべとつく液体と、なぜか風が吹いていたのを思い出します。
まもなく、友達が私の家に通報して、援軍がやってきて、わたしはそこから救出。
近くの用水路で足を洗われるというはめになりました。
「はたけは通っちゃいけません」というお目玉はくらいましたが、はたけには下りずあぜ道はよかろうという
懲りない解釈でそれ以降も近道検索が止むことがなかったのは言うまでもありません。


おかげで地形などからこういう道があるにちがいないという勘だけは
いまでも結構あったりします。

きょうはとりもめもない昔話でした。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。