« Hau'oli Makahiki Hou | トップページ | さよなら千代大海 »

箱根駅伝と金栗四三

箱根駅伝は、東洋大学の柏原選手の大活躍で終わったが、
この駅伝が日本マラソンの父金栗四三さんの提案ではじまったということを初めて知った。
金栗四三さんは、私の高校の大先輩で、
高校の校庭には、四三さんの銅像が建っている。
四三さんは亡くなるまでよく高校の体育祭にお見えだった。
走るのが好きだったんだろうねえ。
箱根駅伝も長距離の駅伝の練習として
大学生を高低差のあるコースを走らせる意図があったそう。
ひいてはアメリカ大陸横断という野望もあったらしい。
アメリカ大陸とはまた大きな野望だなあ。。。

四三さんは、ストックホルムのオリンピックで、途中棄権したのだが、
これが、途中棄権の連絡が大会本部に行っておらず、途中失踪ということになっていて
昭和42年になって、これを知ったスウェーデンのオリンピック委員会から招待され、
ゴールテープを切るというあじな処遇をうけ
マラソンの最長記録、54年8ヶ月6日5時間32分20秒3という記録を持っている。

どこかの新聞に
箱根の5区がよければ、あとはどうでもよいのかと書いてあったけど
5区がよくても下りの6区で失速したり、転んだりするかもしれないし
数年前道路を横切る軌道に足を取られて怪我をして選手が
涙の棄権ということもあった。
早ければよいということではくて
コースにぴったりあった選手が
力を尽くす様が感動を呼ぶんじゃないかな。

私は金栗さんの後輩だけど、
走るのは全くだめです。見るだけー

« Hau'oli Makahiki Hou | トップページ | さよなら千代大海 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。

最近ちょっとブログから遠ざかっていたのですが、場所を変えて新しいのを始めました。(内容は相変わらずですけど)
↓こちらです。
http://kobanto3.blogspot.com/
お暇がおありでしたら、一度遊びにいらしてください♪


134号線に近いですので、箱根駅伝は毎年沿道で見るという友だちもいます。マラソンて、見始めるとついつい引き込まれてしまうところが不思議ですね。ただ走ってるだけなのに。

今年も良い年になりますように♪

kobantoさん
お久しぶりです。
新しいBlogまた行かせてもらいます。

マラソンだとか、駅伝とか
なんだかつい見てしまうんですね。
自分では走れないからでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/47203997

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝と金栗四三:

« Hau'oli Makahiki Hou | トップページ | さよなら千代大海 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。