« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

Hau'oli Makahiki Hou

Newyear

2010年が平和な年でありますように。

※写真は、昨年マウイ島のハレアカラ山からサンライズを見たときのものです。

ドラマの最終回って見逃すものなのかしら

日曜日、TVドラマ「JIN」の最終回があった。
連続してみていたわけではなかったけど、なんとなく見た。
昼間再放送していたこともあったので、何回かみたことがあったので
おおよその筋はわかっていたのだけど。
翌日、WEBに最終回の不完全さにクレームがTV局に寄せられたことが報道されていた。
続編があるのか、映画にするのかと憶測を呼んでいた。

そもそも最終回ってそれまで見てきたお話に某かの結末をつけなくてはいけないのだけど、
だいたいみるととってつけたようなお話がくっついていて
バカにされたような気がするものが多いような気がする。
制作上の都合もあるのか、
スポンサーの都合なのかはしらないけど、
おおよそ10回から11回で終わりになる。
最初からストーリーがかっちり決まっているものもあるだろうけど、
最近は人気を計りながら、つけ足したり、減らしたりするものらしい。
連載するコミックからドラマ化したりするものが多いと聞く。
件の「JIN」もまだ連載中なので、結末は付けられないということなのかしら。

ドラマの最終回って「あー見逃した!」というのがよいのかもしれない。
みなければ、夢中になった自分だけが残り、
失望とは遠いからだ。

アメリカって「ソープオペラ」とかいって、昼だけでなく夜のドラマも含めると、
長く続くようだけど、
何十年もやっているドラマがあるそうだ。
「ダラス」って死んだひとが生き返ったリしてたし。(めちゃくちゃだよ!)
最終回ってどうなったんだろう。。
日本だったら「渡る世間ー」かしら。
「渡鬼」って何年やってるんだっけ?
あれって最終回あるのかしら?

個人的にはどろどろドラマはすきじゃないので、「渡鬼」は見てません。念のため。
脚本家の方の人生観もあんまり共感できないし。

さて、来年は見る番組あるかしら。
(基本的にサッピングばかりしてるんだけどね)

Christmas day

「クリスマス」というのは、キリストのミサという意味だそうです。
最近、ノエルというのも「クリスマス」という意味でつかわれますが、こちらは、「生誕」をあらわすラテン語Natalisから派生したことば(フランス語)で「生誕祭」という意味。

日本はキリスト教的な意味合いは少ないだろうけど
今日一日くらい、静かに過ごすというのはどうだろうか。
もちろん歳末商戦やら、クリスマスが市場経済にとって大変意味深いのもわかりますが。


Merrychristmas

写真のmelekalikimakaはハワイ語のメリークリスマス。ハワイにはもともとキリスト教ではないので、英語の音を単にハワイ語化したもの。

Hallelujah!

鎌倉大仏って猫背

定期的にみているわけではないのだけど、
NHKの「美の壺」という番組を見ることがある。
前は谷啓さんが出演されていたが、最近は草刈正雄さんがナビゲータだ。

たまたま、週末「鎌倉」を取り上げているのをみた。多分再放送だったのかな。
鎌倉大仏さんの特徴を紹介していた。
鎌倉大仏さんは、中国の影響を受けているとのことだった。
奈良の大仏さん(盧舎那仏)はたしか、743年くらいの成立だし、鎌倉の方は1300年ごろといわれていて
成立もまったく違う。
奈良の大仏さんも中国をお手本としたはずだが、おのずと受けている中国自体の文化も違うのだろう。
そういえば、鎌倉の大仏さんは、すごく猫背で、視線も下を向いている。
建長寺の一角に、面白い仏像群があるのだけど、

Yuttari_3
こんなふうにリラックスした像がたくさんある。

これも中国の宋の時代で、仙人思想と結びついた文化の流入の影響なのかしら。
鎌倉近辺にしか見られないそう。
こういった小さな仏像は、鎌倉市近辺によくみられるそうなので
尋ねあるくのも一つの趣向かもしれない。

鎌倉近くにすんで、気がつくのは、谷とかいて「やと」と読ませる地名が多い。
丘陵地が浸食されて谷を形成した土地を「やと」というらしい。神奈川では「やと」で、千葉では「やつ」、
東北では「やち」というそうだ。
この地名は、鎌倉時代の影響だそうで、
この地形を利用して、耕作地にしていたそうだ。
南谷とかいて、みなみやと、殿谷とかいて、とのやと。。。
長い歴史を感じますね。

散歩に出かけてみますかね。


風の強い日

きれいに晴れていたけど
風がつよくて寒い一日だった。
窓をあけたら、カーテンが揺れて
透けてくる日の光がきれいだった。

富士山で遭難したニュースが流れている。
こんな日にいくら慣れているからといって
冬山にしかもこんな寒波の日に上るべきかどうか、
判断が問われるところだ。

週末はとても寒いそうだ。

事故のないように祈りたい。

20年目のマリアンネ

先日アルバイトの試験をうけに渋谷に(結局、なんだか騙されたけど)
次の用事までにすこし時間があったので映画でもみようとぶらぶらしていたら、
20年くらいまえに見た「バクダッドカフェ」がディレクターズカット版になって再演されていたので
見ました。
87年に公開されたこの作品をどこで見たんだっけなあ。
確かにみたはずなのに、なんだか新しい気がしました。色もきれいだったし。
チラシを見ると、17分増えているようです。
20年もたっているので、どこが増えたのか、
うろ覚えです。。。。

ジャスミン役のドイツの女優さんのマリアンネ・ゼーゲブレヒトさん。
最初に見たときも、女性はやせていなくてもきれいなんだと思わせてくれた人でしたけど
今回はとても輝いて見えました。
今はどうしていらっしゃるのでしょうね。
「シュガーベイビー」という映画に出ているのをちょっと見ましたけど、
画像がいまいちだったので、多分全部は見ていない気がします。

「コーリングユー」という主題歌が耳から離れませんね

自転車って軽車両なのよね

昨日、駅前を自転車で通行しておりましたら、
目の前の信号が赤になりましたので
止まりました。

そしたら後ろから自転車に追突されました。
怪我はしませんでしたが、ぼよーんとぶつかられました。
振り向くと、おばちゃん(私もおばちゃんですが)
目も合わさず、ごめんも云わず、
おばちゃんはそそくさと歩道へ。(口もきけないの!怒)

「自転車は軽車両なのよね。歩行者も信号は止まるけど、自転車はほとんどの場合、歩道も走ってはいけないところが多いのよね]

自転車は、事故を起こした場合、きちんと対応するべきなのに、
逃げたり、犯罪にならないと思っている人が多いですよね。
もし、怪我をさせてしまったら、それは賠償する責任があるんですよね。

私、ちゃんと保険入っています。

ユーリャ、年齢構成の壁に阻まれる

そろそろ年末で
世の中もせわしなくなってきていて、
出かけるたびに電車が人身事故。。。
人身事故と強盗が増えてきて年末を感じるというのもなんだかねえと思うけど。
ことしは、これでもか!って感じで事故が多い。

それにもうすぐ失業給付がおわるので
いろんなところの求人に応募してみるのだけど
なかなか採用に至らない。
まあ、不景気だからねえ。

昨日も派遣の応募の回答が
「先方のご希望の年齢構成があるので」という不思議な回答だった。
ようは、20代、30代の人をそろえたいので、ということだった。
そうねー私はたしかに40代だし、それももう最後の方だからねーとは思うけど、
だったら求人に30代までと書いとけば応募もしないのにね。
日本の求人って、なんだか年齢とか性別で差別しないことになったのに、
旧態依然として、まだそんなことにこだわって、全然人物本位じゃないのね。
求人票に「年齢制限」を書くと、対外的に問題があるから、応募させて「年齢構成」で落とすわけ。
まったくもってナンセンスな気がするけど。

先日ハワイに行ったときに、
履歴書には年齢も、性別も書かないということを聞きました。
もしそんなことを書けという企業があったら、
そりゃ訴訟社会のアメリカですから、大変なことになるとも。

そこまで、訴訟社会になるというのは、考えもんですけど、
実物を見て決めてやろうという社会にはならないもんですかねえ。

アメリカでは、けっこうお年寄りがりっぱに働いているような気がしますけどね。

そんなわけで、ユーリャ今日も求人に応募書類を書いてます。(汗

Natale

私の好きなハワイアンのシンガーは、
ナタリー・アイ・カマウウさんです。
彼女が出演するクリスマスイベントが鎌倉であったので、
出かけました。
出演が、前の仕事のせいでが押していて
到着が直前で、リハなしだったようですが、
やはりいい声でした。
終わってからクリスマスアルバムも入手でき、
ナタリーとお話もできました。
メリーモナークでのパフォーマンスがすばらしかったことも
ちゃんと伝えられて、サインもいただいちゃった(Wao)

Nataleはイタリア語でクリスマスの意味。(そうナタリーが言ってました)
ハワイ語では、カリキマカ (Kalikimaka)です。

クリスマスまでもう少し。
お友達にカード送りました。

気がつけば師走

箱根の仙石原にススキを見に行きました。
今年は行くのが少し遅く、もう穂がほとんどなかったので
次に行くときは、もう少し早めに行こうと思います。


Susuki_4

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。