« 求職者の群れ | トップページ | ドライバーの気質 »

松本清張生誕百年というので

最近ずっとうちにいるので
TVを見ることが多い。

松本清張の「ゼロの焦点」が映画化されて
公開されるというので、主演の広末さんが各局に出てそのプロモーションに励んでいる。

以下は映画を見ようとしている方にはネタばれの可能性があるので注意。

私が「ゼロの焦点」を読んだのは、いつのことだったかなあ。多分中学生の時だったか。
私は昭和35年の生まれだから、この作品が出された昭和34年には生まれていない。
中学生のときだから、昭和34年を想像しながら読んだ覚えがある。
昔の田舎は時代の進み方もゆっくりで、昭和40年代の後半から
昭和30年代を想像しながら読むということはそう難しくはなかった気がする。
でも、今は平成21年。年号も変わり、高速鉄道網が整備され、飛行機が日常になり、人々が携帯を持つのが当たり前になった。そんな時代から昭和34年はどう映るのだろうか。
江戸時代や明治時代と等しくなるとは言えないが、若い人には戦前と昭和30年代とさほどかわらないように映ることだろう。

広末さんいわく、衣装とか当時のものがなく、イギリスから生地を取り寄せたりして、時代の感じをだそうとしているそうである。

清張作品というのは、強く時代の雰囲気と結びついているようだと思う。
映画がそのあたりを表現できていればよいかなと思う。

数年前、「砂の器」がTVドラマで渡辺謙さんが刑事役でリメイクされていたが、
現代に背景を移してしまったがために、なんだか期待外れだった気がする。
一番肝心な犯罪の動機の部分が、すり替わってしまって、大変スケールダウンしてしまった気がした。

今回の映画を見にいくつもりはないけど、
北陸のあの風景を見たくて、大人になってからわざわざ雪の時期に能登を訪れたことがある。
雪だまりにおっこって危うく遭難するところだったけどね。
そんなことを思った日だった。

« 求職者の群れ | トップページ | ドライバーの気質 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/46743635

この記事へのトラックバック一覧です: 松本清張生誕百年というので:

« 求職者の群れ | トップページ | ドライバーの気質 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。