« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

Hapaのライブに行きました

昨夜、渋谷のオーチャードホールで行われたHapaのライブに出かけました。
子供のように目をきらきらさせてギターを弾くバリー。
本当にギター小僧なんだねえ。
ネイサンが軽々と難しいベーステクニックをこなす。
歌も素敵だし。
楽しい時間を過ごしました。

HapaのCDはけっこう持っているのですが
やはりライブはよいですね。

ただ、ゲストででていた日本のハラウの応援に来ている方のなかには、
Hapaを見に来たというよりは
自分の知り合いが踊るのを見るというのが目的の人が多く、
中には、まるでTVを茶の間で見ているかのように、
あちらこちらでおしゃべり。
せっかくのバリーのソロプレイを聞いているのに
「やはく踊りをやってほしいわ。。ごにょごにょごにょ。。。」
バリーが曲の説明しているときに
「英語だとわかんないわよねえ。。ごにょごにょごにょ」
えっと、これはHapaのライブで
フラのショーのバックでやっているんじゃないんですけど。。。。。。。。

おばちゃんたち
わたしたちよりも大人なんだから、
曲の間は黙っていてほしいわ。。。。。

マウイ余談 (エネルギー編) 

366_2

写真はマウイ島にあったWind Mill (風力発電) です。
ハワイでは、風向が一定なので、こうした風力発電も可能なのかもしれません。
エコを考えるとき、風力は大変魅力的なリソースですが
日本の場合、風向がかわりやすいので、そういった部分では日本にそのままこのような風力発電所を
みることは少ないのかもしれません。

先日、電気がなかったらという企画番組を見ました。
一日に使用できる量を制限して最後にはゼロという暮らしをタレントに体験させるという番組でした。
私は昔台風で1週間電気なし生活をしたことがあって、
体も神経も大変消耗した経験があるので、
電気がないといろんなことができなくなる生活というものを関心を持ってみました。

2020年までに25%のCO2を減らすという目標が世界的な公約になったことも併せてかんがえると
電気に転換すればよいなんて考えだけではこれが達成できないこともまた自明のことですね。

気になったのは、この番組が電気事業連合会(だったかな)とかいう団体がスポンサーになって
原子力発電所の高濃度放射性廃棄物の地層処理について
国民の理解を得ようというCMが繰り返し流されていました。
フランスなどでは、原子力発電所は「エコ」なもので、CO2削減の切り札とされています。
いま火力などCO2を排出する発電所を転換して、原発化してしまえば
確かにCO2レベルを下げることができるかもしれない。
でも、40年もすぎて、この問題を放っていたということも問題だし、
日本のどこに安定地層があるというのだろう。。
日本は地震国だし、その部分は本当に大丈夫なのだろうか。。。

安定地層以外に処理方法の選択肢はないのだろうか。
そういう事情が明らかにされないで、
処理方法をせんたくすることができるだろうか。

そんなことを思った次第。  


マウイ余談(エスニック ルーツ編)

ハワイはさまざまな人種の人が住んでいたり、観光で訪れたりします。

ハワイにいくと、どの人種のルーツを持つのかというのがしばしば話題に上ります。

ハワイのなりたちはさまざまな説がありますが、
ポリネシア系の人たちがハワイ王朝を作ったとされています。
ハワイ王朝はおおよそ、100年ほどの歴史がありますが、
そのなりたちから西欧諸国の影響は大きく
初代の王であるカメハメハはその欧米のもっている火器の力をいち早く察知し
その力でハワイを統一したくらいです。
その時代から、欧米から人がたくさん流入して
その後の大規模な農園の時代は多くのアジア、中南米などから移民が押し寄せました。
ですから、多くの人が混血化していきました。

それで、どこにルーツを持つかなんてことがよく話題に乗るのだそうです。
「私は25%がフィリピンで、あと日本、中国、それでハワイアンの血がまじっているの」
なんて具合です。

マウイ島のカアフマヌショッピングセンターで
お土産にパレオを買おうと眺めておりましたら、
店員さんに声をかけられました。
肩がひどく日焼けしていたので
「あらひどい日焼けね」と話しかけられましたので
「汚いでしょー」と答えました。
「アロエベラとか塗った?」
「塗ったよー。生のジェルとか」
「どこから来たの?」
「えー日本だよー」と言ったら、
「You're liar! Tell me the truth!」
だって日本人なんだもん。。。。。
なかなか信じてもらえませんでした。
彼女はいとこの子供さんが私と同じ名前の日系のひとらしく、
名前を聞いてやっと信じてもらえましたね。
絶対ポルトガル人だと言われました。

そういえば、ホノルル空港の係員も
「ほんとに日本人か?」と。。。パスポート持ってるでしょ!

前回は、ネイティブアメリカンとか
云われたけど、次回はなんて言われるのかしらねええ。

マウイ余談 (ハワイのおまわりさん)

ハワイといえども、そこはアメリカ。
ハワイに犯罪がないわけではありません。
本土並みに警戒しなくてもよいですが、
怖いところもあるのは事実です。

今回怖い思いをしたことは幸いにもありませんが、
おまわりさんの態度が日本と違うなあと思うことが
ありました。

スーパーなどの駐車場で
身障者用の駐車スペースに止めたりするのは厳禁。罰金です。
駐車場のラインが斜めにひいてある個所は頭から駐車しなくてはいけなかったり、
違反するとすぐ警察官来ます。(巡回しています)
日本でもそういう注意書きが書いてある場所はありますが、
警察官に注意されたりすることはありません。

空港の待合室などで身障者用のいすに座っていたおじいさんに
警官(セグウェイに乗ってきました)が「身障者なのか」と聞いて
「いいえ」といったら、ここは「身障者用だ」とサインボードを指さして
席を移動させました。日本だったら、結構文句言われそうですけど、
「すみません」と言ってすぐ席を移動していきました。
ハワイのおまわりさんは体も大きいし、なんというか威圧感がありますよね。

日本のおまわりさんは、街中でそういうことがあってもあまり目を向けませんよね。
忙しいからというのもあるのでしょうが、なんかちょっと注意してほしいときに
「業務外」って顔していることが多いよなあって思います。

まあどっちがいいということではありませんが。

台風一過

台風18号が過ぎて
いまいい天気です。
夕焼けがきれい。

台風というと
みんなはなんだかわくわくするのか
興奮するのか、うちの相方など「目にはいってみたい」などと言うけど

1991年の台風で、当時住んでいた家のベランダが飛んで行って
車のフロントガラスが割れ、屋根にあった温水器が飛んで行ったせいで
電線と電話線が引きちぎられ、1週間電気のない生活をしたせいか、
台風は怖いです。

外に出ていて、飛来物で怪我をすることもあるので
こういうときはひたすら家にこもっています。
今回家の被害はベランダに設置した鳥よけが外れたくらいで
特段被害はありませんでしたが、
被害に遭われた人、怪我をされた人、お見舞い申し上げます。

被害のレポートするTV局の方、くれぐれも命は大事にしてほしいです。
見ていてあまりの無謀さにこちらがハラハラします。
衝撃的な映像、そんなに撮りたいでしょうか。
生中継で、飛来物で大けがしたりする画は見せられたくないものです。。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。