« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

Ho'ike

18日は新宿文化センターで
「ホイケ」でした。
ハワイ語で「ホイケ」というのは、発表会という意味もありますが、
さまざまな意味がある言葉で「卒業試験」という意味もあります。

今回のフラのショーは発表会でもあり
これまで習得したダンスの試験でもあります。

1年半ずっと練習した成果をお見せするのですから
かなり練習もしましたし、
とくに今回は「ウリウリ」という楽器と
「イプ」というひょうたんのような楽器で踊るので
楽器を習得するのに、ずいぶん時間がかかりました。(まだまだ十分ではありませんが)

舞台もちょこちょこイベントなどに出ていましたので
すこし慣れてきましたが、
やはり自分のところだけでの大舞台
結構緊張感はありましたね。

無事間違えずに踊れてホッとしているところです。

8月にはまた新たな曲が始まります。
また地道に練習していきたいと思っています。

関節が多い

Kamakura027_3
自宅を掃除していて、そそっかしさを発揮して
柱に左足の小指をしたたかぶつけた。
すごく痛かったのだが、大丈夫と思って
湿布を貼り付けておいただけで放っておいた。


夜になって、湿布をめくってみると
まあ気持わるいくらい紫になって
腫れている。病院にいかんとヤバイ?
でもあいにくその次の日は日曜日。
月曜日まで我慢しました。

それで年金の手続きについでに
区役所近くの病院へ。
整形外科の待合室はおじいさん、おばあさんがたくさん。

しばらく待って診察>レントゲン>再度診察。
レントゲン写真をセットして先生が
「うおーこれは。。。。。」
何!骨折しているのか?でも見る限り骨はきれいなような。。。

「関節がある!珍しいなあ」
「ほえ?」

普通には足の小指の骨は第一関節と第二関節が癒着しているものなんだって。
でも、私には関節が関節として機能しているらしい。
それで、その関節がねんざして、骨折するのを防いでくれたみたい。
なんだか喜んでよいのか、悪いのか。
「小指長いんだねーきっと」
足の小指が長くて何か得することがあるかどうかわからないけど、
骨折してなくてよかったので、関節がなんだかかわいく思えた。

しばらくは湿布してねんざの治療をしなくてはいけないけど
まあ骨折に比べたらまったく軽傷だったので
ひと安心です。

ま、私は旧人類なのでしょうね

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。