« Harland | トップページ | ある日の大船 »

文明の利器

昔高校生向けの塾の仕事をしていた。
大学進学向けの衛星を使った授業を行う塾だった。
もう10年ほど昔。
そのころはまだ携帯を持っている人は少なかった。

そのころの高校生の必需品は
ポケベルだった。

塾に公衆電話が設置してあって、
遅くなった生徒がうちに迎えなどを頼むのに
入口近くにおいてあった。
そこから10円でより多くの情報をポケベルに発信するために
それはそれは早いスピードでボタンをプッシュする様は
なんだか特殊技能を見ている気がしていた。

それこそ、そんなことしている間に
勉強したほうがいいよというのが私の仕事だったけどね。

おじさんビジネスマンの必需品だったそのポケベルが
一瞬女子高校生の華やかなツールになり、
そうして消えていった気がする。

それなりにかわいいデザインとかあった。

そこで携帯電話が登場してくる。

2、3日前テレビを見ていて、ある女子高校生の携帯依存をレポートしていた。

1日に160回もメールしていた。
1回あたり読んだり返したりする時間を考えて1分としても
160分もその行為に費やしていることになる。
食事のときも、入浴の時も、就寝するときも
それを手放さず、メールが来たら即返す。

「携帯がないと、死んじゃう」とまでいう。

携帯が唯一他人とつながるツールなのだろうか。
だが、相手がどんな状況にいるかおかまいなしにメールはやってくる。
昔はよかったなんて、おばさん話をするつもりはないけど。
このメールを送ったら、すぐ返してくれるのが友情の証なんて言われたら、
私はあまのじゃくなので、二度と返したくないと思うタイプ。

人間と本当にかかわることなく、
ほんとうにそういうコミュニケーションだけでよいのかしらと心配だ。

便利になるのは、結構だけど

大人も罪なものを作ってしまったものだ。

中国とか、韓国では国が若者を携帯依存から救え!とばかりに様々な取り組みをしているようだけど、
日本はなーんとなくこの件には消極的。
学者のなかには、これを「依存」というのかという定義すらまだ定まらないようだ。

こういうおもちゃを大人が与えてしまってから
軌道修正するのも難しいのだろう。

« Harland | トップページ | ある日の大船 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとですねー。。
わたしもポケベルからはじめって今も携帯は
持っているけど・・・
忘れても別に平気なところが、もう若くないと
感じる部分かな(笑)
あればいじくってるけど、メールは遅いし、
返事も遅い。。
うちの母親でさえメール打つの早いのに
私のり遅れちゃってます。
私には子どもがいないから、若い子の状況が
解らないけど、たしかに友人の子ども達を見ているとかなり依存してるなと思います。
大変な世の中になってきましたね。。

りこさん。
ポケベル持っていましたかー。
ものすごく流行りましたが、なくなってみると何だったの?って感じですね。
この歳になるとはやり直接会って話をすることのほうが
ちゃんと伝えられるとわかるんですけど
若い人はこれから大変だろうなあと思いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/44331801

この記事へのトラックバック一覧です: 文明の利器:

« Harland | トップページ | ある日の大船 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。