« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

ひとり不買運動はまだ継続中

27日、「日本ミルクコミュニティ株式会社と雪印乳業株式会社との経営統合」が発表された。
あれからまだ10年は経っていない。2000年に起きたあの事件は食品を扱うメーカーとして雪印を解体するものだと私は思っていた。あれからいくつも食品の産地偽装や、衛生上問題のあるような事件がたくさん起きた。
でも、つぶれたのは「吉兆」くらいで結局は生き残る。
この事件のときも、その後の事件のときも、たぶん「ホトボリ(熱り)」が冷めるとまたぞろ出てくるのではないかとも思っていた。だから、ひとりでもずっと雪印とメグミルク、赤福に、不二家も買わずにきた。
特売で安くなっていても、買わなかった。私ひとりが不買してもどうにもならないことなのだと思ったけど、
でもやっぱりつづけていこうと思っている。

こうした事件が起きたときは、マスコミはここぞとばかりにたたく。
叩きまくる。
でも、こうして復活するとほとんど報道すらされない。
あまりの扱いの違いに驚愕することが多い。

最近のニュースもあまりに感情的に報道されて
なんだか本質が全く伝わらないことが多い気がする。

小さいところは信用をなくすとつぶれるが
資本が大きいと熱がさめるまで、受け皿を作って逃げることができる。
雪印ーメグミルクもそうだろうし、
三菱自動車ーふそうもそうだろう。
いまではあんな事故をおこしたことなど忘れてしまったかのようだ。(当然、三菱の車にも乗らないと決めている)

悪いことをしたら、会社はつぶれる。いやつぶさなくてはならないのに、そこに変な力が加わって生き残らせる。
それは、本当に再出発した姿だろうかといつも疑問に思う。

「日本ミルクコミュニティ株式会社と雪印乳業株式会社との経営統合について」という会社のサイトには、
衛生問題をたった一行で片づけていた。これを読んでますます腹が立った。
もし、経営統合するなら、あの事件を肝に銘じた証拠が必要だと思う。だいいちまた一緒になるって、それって不誠実極まりない行動では?

「寝ていないんだ!」と主張した社風はいまも絶対変わっていないと思う。(勝手な想像ですが)

ジョージとは何者だったか

バラク オバマ大統領が就任した。就任前は支持率が八割を超えていたが、蓋を開けてみれば、七割弱。アメリカ国民も少し冷静になって来たのかも知れない。まあ何処かの首相に比べたらそれでも非常に高いものだか。

前大統領のジョージWブッシュが去り、ふと彼は何をやってきただろうかと考えた。就任後直ぐに911が起こり、テロとの戦いと称した戦争は結局任期中に終わることはなく、更に憎悪を増大させただけのようだ。産業界の影響からか、環境面では世界的に目標達成を遅らせた。

考えてみると何も功績が見当たらない。

では、なぜアメリカは彼を選んだのか?
しかも二期も。
ジョージが特に優れた政治家でないことは、あの時皆気づいていた。だけどアメリカは彼をリーダーに選び続けた。それはその時の国民の「気分」そのものだったからに違いない。その気分を共有したからこそジョージをリーダーに押し立て、無理な戦争を推進したと思う。
オバマ大統領は国民に「責任」を求めた。このひとことで、オバマ熱狂が少し醒めたと言われている。

dreamが終わり自分たちの直面している現実。これを感じとればいつまでも熱狂的になってはいられないだろう。

アメリカはかつてもの作りの国だった。大量生産は彼らが考えたシステムだ。しかし合理性を追求した結果、些か暴論かも知れないが、マネーゲームが産業になったのだろう。お金を使うことがステータスだったアメリカ。この先かの国が何処へ行こうとするのか、私等にはわからないが、少なくとも気分で走り出さないように祈っている。

オバマ大統領は47歳だそうだ。私よりひとつ若い。世界の状況を考えると、ものすごくプレッシャーだろう。様々な困難なことがあるだろうが、頑張ってもらいたいものだ。

リス

最近、駅まで自転車をきこきこやっているのですが、
私が住んでいる横浜市栄区はもうすぐ鎌倉というところです。
はっきり田舎です。
夜が暗いです。

ま、それはそうとして
環境はとてもよいのです。
一説によると、上杉氏の流れである長尾氏の地元ではということもあります。
まあ鎌倉時代のことでしょうが。
長尾台という場所もありますしね。


それで、月曜日もキコキコ自転車をこいでおりましたら、眼の端に
なんだか動物が塀の上を歩いているのが見えました。
最初、猫かなあって思ったのですが、
それは、タイトル通り、栗鼠(りす)。
どっかのリスが逃げたという風情ではなく、
立派に野生のようでした。
「リスだよー(驚)」と声上げてしまいました。

しらべましたら、このあたりでは、何年も前から
外来種のタイワンリスの被害にあっているようで、
これも持ち込まれたものが野生化したもののようです。

急いでおりましたので写真はとれませんでしたが、
今度見かけたら写真撮ってやろうと
ひそかに狙っております。(はい)

築地

マグロの競りの外国人への公開がまた始まった。触ったりするのに警備員を増やして対応するそうだ。

観光資源として公開するなら、きちんとガイドを養成してツアーを作ればいいのに。

外国では貴重な植物や鳥などを見るツアーがあるけど、必ずガイド付けないと入れなかったり、幾ばくか寄附が必要だったりする。
ガイド付けない人は入れないと言うくらいでよいと思う。

外国人はマナーがねとクレーム言う前にそこのルールを知らせてあげないのは、単なる意地悪か、気持ちが狭いということか。

マグロも漁獲量が制限されるそう。

私はあんまり食べませんけどね

年始に

15日は小正月。
これで松のうちも終わり
本来ならこのあたりから通常業務ということだろうか。
昔は15日が成人式だったなあ。
私は大学の試験のまっさいちゅうで(後期の)、成人式に出てないので
成人式のエピソードもない。

ニフティのブログには、ネタ!というコメントが付いていて、
ネタに困るとここからネタを拾ってくるというのも手らしい。。
でも、成人式出てないんだよね。。。。。

今はなにかと忙しなく、慌しい日々が過ぎていく。


殺伐とした世の中に

殺伐とした風景。


振り返り見る 坂の上 白椿 
 (遊離哉)

通勤電車-JRになってよかったこと

横浜に引っ越ししてから
通勤がJRになりました。
JRになってよかったことは、
外が見えることかな。

いままで三田線という地下鉄にのっていたので(一部外を走る)
大半が地下。
壁しか見えません。
乗っていたときには、そう感じませんでしたが、
実際外を走ると、いままでは少し閉塞感のなかにあったことが
わかります。

このところいい天気が続きますので、
富士山がひょっこり見えたりします。
なんだか得した気分になるのはなぜでしょうかね。
朝からちょっと元気がもらえる気がします。

富士山を眺めながら
コニーデって本当に美しい形なんだなあと思います。
世界中の火山のなかでも
この形は特別なものがある気がします。
ハワイのマウナ・ケアに上ったことがありますが、(4205メートル)
大き過ぎて全体像を把握することがなかなかできません。
これは楯状火山というものだそうです。
富士山などよりもずっと裾野が広く、傾斜がなだらかな気がします。

富士山って日本人にとって特別な感じがあるのが、よくわかります。
ええ、私もこう見えて日本人のはしくれですから。。。

2009

あけましておめでとうございます。

2009年の幕開けですね。今日は仕事初め。転居して初めての出勤です。

初っぱなから忘れ物して大間抜け。早起きして作っていたお弁当忘れました。(恥)

勿体無いので取りに帰り初日より遅刻。

げんのわるいスタートとなりました。

さかのぼって大みそかは、サントリーホールでクラッシックのコンサートで年越し。ものすごく感動しました。でも帰りの電車に寸前で乗り遅れ、寒いホームで凍えながら一時間待ち。風邪引きました。(寒)

2日に鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣。おみくじ曰く「自分を信じて精進すればひとり花開く」だそう。何れにしても短気起こさず忍耐なり。

今年もよろしくお願いします。

皆さまにとってよいお年になりますように。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。