« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

『風のガーデン』と老人の暴走気味の妄想

連続して見ている訳じゃないけど、フジテレビの『風のガーデン』を見た。人生の最期を何処で迎えますかというのがテーマだ。

自分の浮気のせいで妻が精神を病み命を絶ってしまった医師が、末期ガンであることを知り勘当され敷居の高い故郷へ帰って行くのだ。

中井貴一さんがなかなかの演技をしている。亡くなった緒方拳さんが貴一の代表作になると言っていたとおりだ。脚本も力を入れているらしく、仕上がりもよいと思う。ドラマも最近は若者にすりよっているのか原作が漫画だったりしてなかなかこれというものに出会わない。

これからの展開に期待しよう。


ところで最期は何処で迎えたいですか?やはり故郷ですか?

最近故郷が懐かしいと思うことが少なくなりました。めったに思い出すこともありません。田舎は誰にも優しい訳じゃないんです。私は最期別に故郷でなくてよいです。出来ればきれいな花の咲いてる場所希望。


昨日母から電話があり、たまたまフラの練習で夜遅くまで外出しておりましたら、妄想が暴走して私に何かあったという考えに取りつかれたらしく、家の留守電と携帯に何度もメッセージを入れて、気も狂わんばかり。

母も歳をとったということか。うちの母は若い頃からけっこう好きなように生きてきて、一回出掛けたらなかなか帰って来ない人だったから、どちらかと言えば自由奔放だったのに、最近は目があまり良くないので昔の様に出歩けなくなって、少し妄想気味。
それも大抵は人から何か言われて、その事からだいたい妄想に入るパターン。人の言に左右される時はたいていロクでもないことばかり。詐欺に遭いやすいタイプ。

とは言っても今でも時々行方不明になって、秘密で旅行に行ったりしているようです。

まったく…(嘆息)

冬になって困ること

寒くなりましたね。

夏の太陽が恨めしい位に暑くて鬱陶しいと思っていたのに、何だかそんなこと思っていた記憶の残骸だけがあって、日だまりが嬉しい今日この頃です。

冬になりかけのこの頃はとても好きな季節なんですけど、一つだけ困る事があります。

それは静電気。

私はとても酷い静電気女なんです。それこそ人混みで手があたっても電撃してしまいます。

それにともなってあちこち痒いんです。ローションとかが手放せません。

困ったもんです。


今日も会社で席をたつたびにビリビリしてまし。

武も馬から落ちる

G1レース。私は競馬には興味ないが、まあ武豊騎手の名前くらい知っている。
たまたまテレビを点けたら競馬やっていてちょうど武豊騎手が落馬した直後だった。誰も乗っていない馬はとっとと走って一着。まあ勝負には関係ないらしいけど。正に珍事。元々闖事というのが正しいので、いい得て妙。

武豊騎手大丈夫だったかなぁ

Mania

人の文章を直したりするのを生業としてる都合上、
ニュースでも、広告でも、新聞でも、いちいちいちゃもんをつけるように眺めるのは
職業病

最近ASO総理の漢字の読み間違いが問題になっているけど、
政治家の漢字知らずは今始ったことではないので
「またかー」と思うだけ。

記憶に新しいところでは、
あべちゃんが、某大臣が自殺したら「慙愧にたえない」とのたまった。
慙愧に堪えないというと、「自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること」だから、
きっと音が似ている「残念だ」と言おうとしたと思われ、

ノダセーコ大臣は「琴線にふれる」を「ことせんにふれる」と読んで
しかも意味間違っていたし。

あげれば枚挙にいとまがないほど。。。

世に名のとおった新聞でさえ
「宝くじに当選」なんて平気で書いちゃう。選挙じゃないんだからサ。(当籤だろー)

そんな新聞にASO大臣が踏襲を「ふしゅう」って読んだからって、やり玉にあげられるのは、なーんか違和感。

昔の上司に「遵守」を必ず「ソンシュ」とう読む人がいて、何度かそっと訂正してあげたけど、やっぱり「ソンシュ」って読むのね。あれって癖なんだと思う。

だからってそのひとの知的レベルが低いなんてきっと思ってはいけないんだ(と思いたい)

ことばは難しい。
ことばで何かを表現しなくちゃいけない仕事の人。
がんばって学習していこう!(他山の石。ごろごろ)


★★追記★★

そういえばかの米国大統領ヂョージも先日戦艦大和を「やまもと」って言ったことに、
かみつかれていた。YAMATOもYAMAMOTOも似ているっちゃ似ているので
日本人でもないヂョージが間違えても大目に見てあげようよ。

霜月にゃ

霜月にゃ
こんこんこん
空っ風ふいて
こんこんこん
せなをまるめて
こんこんこん
遣り過ごすしかないのさ
こんこんこん
空を睨んで
こんこんこん
雲が早くて
こんこんこん
薄も揺れてる
こんこんこん


猫が台所でクシャミした

遅ればせながら

いすみ市のお祭りで
ジャックオーランタンを作りました。(汗

力作?なので一応載せておこうかと。

いすみって千葉県のずっと奥のほうです。
02

熱狂する政治

アメリカに黒人の大統領が誕生した。
「 「答え」を出したのは若者や高齢者、裕福な人や貧しい人、民主党員や共和党員、黒人、白人、ヒスパニック、アジア系、ネイティブアメリカン、同性愛者とそうでない人、身体障害者やそうでない人たちだ。」と呼びかけるオバマ氏にアメリカ市民が熱狂する映像を見た。

確かに、彼はりりしく見えた。

言っていることも大変賛同できることだ。

でも、こんなに熱狂する様子を見ると、天の邪鬼のワタシはなぜだか頭のなかに危険信号が点る。
「アブナイゾ」 (おばさんの取り越し苦労か、妄想であるやもしれんが)

熱狂は、激しい閃光弾のように、一瞬の至福感があって、その間に何かが見落とされたりしないだろうかと。
なぜだか、そう思う。今世界が置かれている状況を考えても、希望もあるが、なにから漠然とどこかに不安が残る。

ましてやヂョージの後始末。。。

ロシアのタッグチームも任期を延ばして原油にものをいわせて世界にその強硬な姿勢を早速見せているし。
金融危機だって何も解決していないし。

ま、兎にも角にも。

歴史の1ページが開かれたことだけは確実のようなので。
オバマさんにはエールを送ろう。(聞こえはせんだろうけど)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。