« フラキャンプ | トップページ | 中国トイレ事情 ニイハオトイレからの進化 »

ハワイ雑感

ハワイといえば、日本人観光客がどっさり・・・
という時代はそろそろ終わりなのかもしれません。
ここ数年、日本からのお客さんが減っていると聞きました。
原油高なども原因しているのでしょうか。
昔日本人がたくさんたむろしていた免税店なども(トイレ借りにはいったら)
非常に少なくなっていました。
時は夏休みの真っ盛りなのにです。
数年まえまでは、載り放題のトロリー券などすぐに無料入手できるくらい
大盤振る舞いだったはずなのに、なんだかさびしい感じすらしましたね。
まあお買い物にまったく興味のない私はどっちでもいいんですけど(本音)
今回は、フラの練習のためにハワイに行ったので、
もっぱらハワイの山をトレッキングするか、
練習会場で汗をかいているかでしたけどね。
長期滞在して、ハワイの島を回ったり、それこそトレッキングだ、シュノーケリングだという人は増えているそうですから、楽しみ方が変わってきたのかもしれません。

それでも、そこは夏休み。
日本から来ている家族連れはよく見かけました。

飛行機の中、空港、ホテル、博物館、などなど。。。
どうして日本人と解るかというと、子供が騒いでいるから。
残念なことに、公共の場所で騒ぐ子供はたいてい日本人。
またはアジア人ですね。
騒いである程度のレベルを超すと、今度は大人がそれを怒鳴りつけます。
これも日本人に特徴的なことですね。

ノースのスーパーマーケットで印象的なことがありました。
アメリカ人の母子が買い物を済ませ、クルマに戻ろうとしていました。
クルマには兄弟が待っていたようで、女の子は走り出してしまい、あわやのところで駐車場のクルマに轢かれそうになったのでした。まあ何事もなかったのでよかったのですが、
もちろん母親は、出口のところで、走らないように、お母さんのそばを離れないように言っていました。
でも、走っちゃったんです。
日本の親ならどやしつけますよね。
そのお母さんは、その子の手をゆっくりひいて、出口のところへ連れて行きました。
そうして、お母さんは少しかがんで、その子の目を見ながら、
ゆっくりとしかもきっぱりした口調で「お母さんは何と言ったかな」と聞いていました。
答えるまでずっとその姿勢で語りかけていました。どうして何がわるかったのか、子供に答えさせていました。
しかり方の違いですね。
欧米では、子供を早く大人にする、独り立ちさせる、ということが家庭内での教育のルールだときいたことがあります。
それでも、意外なことに、公共の場所のトイレなどには子供だけで決して行かせないとも聞きました。
外国に行って異様に広いトイレに入ることがありますよね。あれは、親子が一緒に入るためのものだそうです。
欧米では子供が誘拐される事件が日本の何倍もあります。それのうちのかなりの割合がトイレに行くことで起こっているそうです。治安のよいハワイでもそれは同じことだそうです。

トイレといえば、逆に帰りの飛行機での日本人の親子。私のお隣に座っておられました。
まだ小学校に行くか、行かないかくらいの子供が食事が終わってトイレに行きたいと言ったのですが、
お父さんもおかあさんも「あなたが連れて行け」と押し付けあった挙句、お父さんが「水ばかりガバガバ飲むからだ。一人で行って来い」とのたまいました。食事をしたらトイレに行くのは自然の摂理かと。私がトイレに経つのに、譲ってもらわないと出られないので、なんだか私までしかられた気になってしまいました。

飛行機のなかじゃ、たしかに誘拐はされないかもしれないけどね。。。

日本では子供は一日でも長く子供であってほしいのかもしれません。
どちらがよいのか、私には判断ができませんが、
昨今の公徳心のなさを嘆くよりも、このあたりをすこし考えたほうがよいのかもと思った次第でした。

« フラキャンプ | トップページ | 中国トイレ事情 ニイハオトイレからの進化 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

まだ1歳の娘に、怒鳴って怒ってしまう私ですが
今日の日記を読ませてもらってハッと気づかされました。
怒鳴りつけるよりも、何が悪かったのか子供に答えさせるほうが
伝わりやすいですよね。
怒鳴ってしまうとそのばしのぎでの反省にしかならない場合が多いですよね。。。

>あけみさん
あけみさんのお子さんはまだ1才なのですから
言葉で言っても解らないことが多いのではないでしょうか。
以前ベビーシッターをしていたときに、あまり小さいこどもに言葉でわからせようとしても無理といわれたことがあります。
私がお世話をした子供が「理屈っぽくなった」といわれたことも。。。子育てって難しいですね。

なるほど、外国の公共のトイレって何となく物騒ですよね。
大人でも怖い雰囲気があります。

たかぼさん
アメリカの子供の誘拐というのは、日常で誘拐情報がTVで流されるそうです。天気予報のように。
だから、クルマに子供を置き去りとか、11歳以下のかぎっ子も「児童虐待」ということになります。判明すると国が親権を剥奪します。日本は送り迎えをする親は少ないでしょうけど、欧米で子供だけで歩いて通学するのは見たことがありません。
なぜ子供が誘拐されるかというのには、いろいろあるようですが、臓器移植などの裏ルートもあると指摘されている人もいるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/42059885

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイ雑感:

« フラキャンプ | トップページ | 中国トイレ事情 ニイハオトイレからの進化 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。