« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

フラキャンプ

月曜日にハワイから戻り、昨日から仕事しています。
今回はオアフ島で10日以上も過ごしました〜前半は主にトレッキング。後半は最終日パラダイスコーブで踊るための練習です。合間にハワイのレイを作ったり楽器を手作りしたり。最終日の舞台はお客さんのノリもよく、気持ちよく踊れました。詳しくはまたおいおい。
とりあえず帰国報告

なかなか梅雨あけになりません

毎日蒸し暑い日が続きます。汗かきの私にとって辛い日々。
汗をかいた後の冷房でひぇひぇになったりすると会社に着替えを持って行こうかと思うくらいです。
そんな夏バテ気味の私は先日朝から大失敗
いつも朝は6時半位に起きて弁当をつくるのですが、その日も目覚ましを止めてお弁当作って、時間になったので相方を起こして、朝ごはんを食べてもらっていると何故だか目覚ましが鳴り…えっと6時15分…?事態が飲み込めるまで30秒ほど掛かりました。私時間を間違えて起きて何度も時計見たにも拘わらず、気づかないで、一時間も早く相方を起こしてしまっていたのです。相方は眠い目をこすりこすりパン食べてましたけど、時間前に起こされ可哀想でした。オマケに二度寝して、しっかり遅刻してしまいました。

ご免なさい〜

にゃんこ大逃走

地下鉄の中に
動物を持ち込んだりする規定ってどうなっているんでしょうか。
盲導犬やら、介助犬ならつれているのに
きちんと訓練されているからいることすら気がつかないこともありますが。
時折、バッグなどに犬やら猫を詰め込んで持ち歩いている人を見かけますよね。
このあいだの日曜のこと
外出先から帰宅途中、電車に乗っておりました。
疲れていたのでうとうとしていましたら、突然猫の叫び声が
見ると、お兄さんのバッグから猫が遁走。
車内を走り回っております。
地下鉄の駅間はおよそ2分くらい。
早く捕まえないと外へ飛び出して行ってしまいます。
ですが、しっぽがまるで竹ぼうきみたいに太くなっていますから
猫も異常に興奮しているようで、
なかなか捕まえることができません。
飼い主のお兄さん手に怪我を負ってしまっていました。
異常な興奮状態にある猫はさすがに獣です。
怖いです。(きっと猫も怖いと思っているはず)
みんなも次の駅までに抑えねばとは思うのですが、
手を出せなくて、はらはらして見ていました。
次の駅のホームに入ってドアが開く直前、なんとか抑えることができました。

お兄さんバツが悪そうに
「みなさん。ご迷惑をおかけしました」と言って
その次の駅で降りて行きました。

猫って独立心が強くて
放っておいても一人で遊んでいるはずなので、
狭いバッグのなかに閉じ込めて、
どうしても連れ歩く必要があったのでしょうか。
犬と違って自分で選ばない環境には
まったくなじまないところがあるので、
できれば電車での移動は猫ちゃんの場合避けたほうがよいのでは?
それにやはり動物専用のかごに入れてほしいものです。

気がつくと、床に点々と猫ちゃんのおしっこが落ちていました。
猫もかなりストレスだったようです。。。。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。