« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

異邦人

と言ってもカミュのではない。
相方がハワイにロミの勉強に行ったので、先週成田空港まで見送りに行った。
手荷物検査に入ったのを見送って、電車の時間があったので本屋さんに寄った。その時見つけたのが、検死官シリーズパトリシアーコーンウェルの最新刊。シリーズ何作目何だろうか。ここしばらくはあまり出来が良くなかったので、買わずにいた。この翻訳を担当されてる相原先生は翻訳学校時代に直接お会いしてお話をうかがったことがあって、憧れの翻訳者さんのひとりでもある。このシリーズの苦労話などうかがったことがあるのだけど、今回も苦労されているようだ。
これから読む人もいらっしゃるだろうから、筋はともかくとして、主人公のケイがシリーズが始まった時が三十代で、本作に至ってはもう五十代。新しい人間関係を書きたいと作家は試行錯誤しているようだが、本作が成功しているとは私には思えなかった。科学技術が発展して、実際に犯罪捜査も様変わりしているのだろうが、問題解決するのはやはり人なのではなかろうか。
コーンウェルさんも自分の分身のケイからなかなか離れられないようだし、また人気シリーズを止めることも周囲が許さない状況もあるのだろう。
私が作家なら、そろそろ信頼の出来る若い女性の後継者など登場させて、ケイに育てさせていくというプロットなどどうだろうと思うのだか〜

夜が明ける直前の冬空、しかも東京

人間変われば変わるものか
つい五年前なら夜明けと言えば飲んだくれて帰る途中だった。ところがどうだい、最近は仕事に向かう途中だったりする。
東京でも冬の朝は結構空が綺麗

同じセリフを確か五年くらい前に歌舞伎町でつぶやいた気がする

同じセリフは三田線の駅で電車を待っていて。最寄りの駅は地下鉄のクセに二階にホームがある。切り取られた空は澄んだ蒼色をしていた。
寒卵
忽(コツ)と割りたり
夜明け前

遊離哉

今年のテーマなのかぁ?

私の住んでいる近くに
「東京大仏」がある。
大仏といっても、鎌倉や奈良のそれとはちょっと大きさが小ぶりだが、
道を歩いていると、急にそのご尊顔を拝見するポイントがある。
けっこうぎょっとする大きさだ。

乗蓮寺というのが、そのお寺の名前なのだけど、高さは基壇が地上2メートル、蓮台2.3メートル、座高8.2メートルなのだそうだ。日本で3番目らしい。
1977年にできたそうだから、比較的新しい感じがする。

この大仏さんの後側、大仏さんの右手方向に「がまん鬼」がある。
けっこうこの鬼さん、ユニークな格好なので
写真を撮った。
Ca340004

原油高に加えて、景気も下降線。
今年もお給料は上がらないだろうし。
なにより、短気をおこして、職を失わないようにしなくては。。。。

はあぁ、ガマン我慢がまんですじゃあぁ

フレデリック・コサール

ネット仲間に紹介されて、
昨年このコサールさんのワインをフレンチレストランで飲んだのですが、これが絶品。
日本のボジョレの狂葬曲にのるのは、いやなので
(というか、今回のコサールさんのボジョレは発売が遅かったのもあって)
お正月にゆっくり飲みました。
ボージョレ(ボジョレー)V・プリムール“レ・ラパン”[2007]フレデリック・コサール(シャソルネィ)  / 2007 フレデリック コサール ヌーヴォー

今年のも大変おいしかったです。
あっと言う間に飲んでしまったので
写真はありません。。。。。。

ウサギのかわいいラベルです。

あと2本コサールさんのワインを買いました。
感想はまた飲んだ時に。。。

お正月映画

「ゼロ時間の謎」という映画を見に行ったのは
6日のことでした。
渋谷の東急本店の奥にある「ル・シネマ」
フランス映画でなぜかクリスティのサスペンス。
ま、ポアロは、フランスだったかな(ベルギーだけど)
フランス映画っていつも最後に巴投げみたいにぶん投げられて終わるけど(結末がいつもナゾだし)
これってサスペンスだからきっと結末あるよね。なんて思いながら
でも、「ゼロ時間の」だし。。。。。。。

アガサ・クリスティがフランス映画になるとこんな風になるんかなあーーーというのが、感想。
結構面白かったけど、あとから、「あれ?あのとき、どうして犯罪がなりたったのかな?犯人はそのときどこにいたんだったっけ?」とやっぱり謎が生まれて、次の日など「もう一度見なくては!」と思ったほどでした。(その分この映画監督にしてやられているのかもしれませんねー

キアラ・マストロヤンニという女優さんがでていますが、この人はカトリーヌ・ドヌーブとマルチェロ・マストロヤンニの娘さん。両親に均等に似ている気がしました。

上映しているところが少ないけど、まあまあ面白かったですよ。


« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。