« コナコーヒーとセクハラ親爺、世界一の夕陽と満天の星 | トップページ | ボルケーノとミス・アロハフラ »

ヒロの街へ

ハワイ島3日目。
朝から今回のメリーモナークのツアーを企画してくれた会社の人が
迎えに来るので
早起き。6時には活動開始。
でも、コナにはそんなに早くから朝ご飯をやっている場所がなく
その前の晩は、12時くらいにホテルに戻ってきたので
当然お店ABCストアは閉まっていて
朝もまだ営業時間ではありません。

お腹すいたなあ。。。。

とりあえず、何かないものかと街中をうろうろしてみたけど
何もナシ。
日本で24時間営業に馴らされてしまった自分をふと省みる。

7時半にピックアップの予定なので、7時にホテルをチェックアウトして
玄関さきの石垣に座ってしばし待つ。
庭が水撒きされて、きれいになっていく。
お安いホテルで、日本でいえば、ビジネスみたいなホテルだったけど
まあベッドは広かったし、お部屋もふつうだった。
泊り客に日本人はほとんどいなかったけどね。
電話が壊れててちょっと困ったけどね。たいした問題じゃないし。

庭にたくさん咲いてたプルメリアが奇麗でした。
Merry_monarch_077

迎えに来ていただいたのは、今回のツアーのともみさん。
感じのよい方で、朝ごはん食べていないというと
途中のワイメア(パーカー牧場で有名な場所です)によってくださいました。
小さなツアー会社をやっておられるのですが、
じつに小回りの利く、至れりつくせりの会社です。
今回もとてもお世話になりました。ありがたいことですねえ。

コナからヒロまで90キロ以上ありますんで、どうしても3時間ちかくかかりますね。
ワイメアに寄ってもらったので、ちょっと遠回りした感じなのですが、
10時ちかくにヒロに入りました。

ヒロの街は、日系人とともにある、といってもよいかもしれません。
街の入り口に、セメタリーがあるのですが、
移民していった日系1世のお墓が、日本式でたてられています。
ここを通るたびに、ちょっと涙が出ます。
みんな日本の方を向いて立っているからです。
今のような行き来の自由な時代とは違って、
海を渡ってこの地にやってきた日本人たちが
苦労して生き抜いて、ここに眠っていると思うと
どんな想いだったろうか、と考えてしまいます。
ずっと日本にいると、故郷、故国ということはあんまり実感がありませんけど、
国って何だろう、ふるさとって何だろうって考えますね。

ヒロのある側(ハワイ島の東部)は雨の多い地域です。
コナ側をドライサイドと言ったりします。
ハワイ語では雨は「ua(ウア)」といいますが、
ヒロの雨は「Kani-lehua(カニレフア)」といいます。
雨に各地の名前があるんですよ。粋でしょ。

今回のツアーの他のメンバーさんたちと
ヒロ空港で合流。

ヒロのダウンタウンで、お買い物と昼ごはん。
ヒロの街は、ハワイ島では一番の都会ですが、日本の喧騒とはかけ離れた長閑さがありますね。
今回どうしてもよりたかったシグ・ゼーンさんのお店。
ここのはデザインがよいですね。
いっぱい買ってしまいました(呆)

お昼ごはんは「pukapuka kitchen」
こじんまりとした、でもとってもおいしいご飯でしたー

さてさて、それからクラフトショップなどをめぐり、シグ・ゼーンさんの豪華紙袋が底抜けるという事件も(?)ありましたが、

いよいよメーンイベント!


メリーモナークの前夜祭!!!!!Merry_monarch_081_1

会場は実はテニスコートなんです!

ここで毎年この時期、フラのコンペが行なわれるのです。

そして何よりも何よりも何よりも
楽しみにしてきた、


ハーラウ・オ・ケクヒの生の舞台!!!!!

ここは毎年前夜祭のみで踊っているのですが
昨年日本にきて10年ぶりにフルバージョンでおどってくださった「ホロ・マイ・ペレ」という舞台を見て
私は目から鱗~
古典フラってすごおおおおおぉく格好いいんです。

しかもやっぱり日本で見たときより
数段乗ってます!すごい!
やっぱりペレ(ハワイ島の火山の女神)のお膝元です。
ホロマイペレはペレの物語。まるで足Merry_monarch_093
元に溶岩の赤い炎が見えるようでした。(ああ、感動)

前夜祭はTV中継もないので
やっぱり現場に行かないとねえー

あと日本からクウレイナニ橋本先生、人気のあるクムフラ、サニー・チングさんの舞台もすばらしかったけど。

やっぱりオ・ケクヒでしょう。

というわけで熱狂の前夜祭は終わり、このツアーでの宿泊場所であるボルケーノのバケーション・レンタルへ向かったのでありました。時刻はもうすぐ真夜中でーす。(軽く5時間は舞台を見てましたー あはは)

« コナコーヒーとセクハラ親爺、世界一の夕陽と満天の星 | トップページ | ボルケーノとミス・アロハフラ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

文章がいつも上手だなぁと関心しながら
読んでいます。
本当に自分がその場にいるような錯覚になります。
ユーリャさんの文章、大好きです。
日系の方達の話はいつも涙が出ます。
日本に住んでいる日本の人達とすごくお話しを
したがりますよね。
アラモアナではよく日系のおじいちゃんおばあちゃんが
集まっていて、そこにいくと昔話をたくさん聞けます。
うちのおじいちゃんもハワイにいたんで
生きていたらこんな風だったかなぁなんて
思ったりしたら私も涙が出ちゃいます。

>りこさん
お褒めの言葉をいただいて、嬉しいです。

お買い物だけでない、ハワイのおおきな魅力を
少しでも伝えられたら、と思います。

続きも早く書かなくちゃ(汗

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/14997008

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロの街へ:

« コナコーヒーとセクハラ親爺、世界一の夕陽と満天の星 | トップページ | ボルケーノとミス・アロハフラ »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。