« ボルケーノとミス・アロハフラ | トップページ | メリモ最終日。やっぱカムエラ。それにナタリーの歌。 »

カネのカヒコに大興奮、やっぱりカネはキレでしょ!

メリーモナーク2日目。
記憶が定かではなくなってきています。
1日目のレポートにも間違いがあったし。。。。。

思い出せる限り書きましょう。

2日目は、早めに起床して(いつも1番は私)
前日のように、暖房つけて、朝ご飯を食べて。
本日の予定は、メリモの前に滝ツアーが待っています。
ワンピースは1つしか持っていっていないので、
本日はいつものTシャツスタイルでございます。Merry_monarch_139


ヒロ近郊には2つの有名な滝があるのですが、
レインボー滝にまず参りました。
ここは午前中に行くと、日の光が反射して虹がかかって見えることがあります。
前回訪問したときは、午後だったし、雨が降っていたので見えず。
期待していったのですが、
ただ、ここのところ、雨が少なかったせいか、水量がちょびちょびで、
今度も虹は見れませんでした。(また今度ー)

それから、もうすこし北の方へ行って
「アカカの滝」というのに参りました。これはケアリイ・レイシェル歌とかで有名な滝です。
(あとで滝の写真はアップしますね)Merry_monarch_149

ハワイの場所はそれぞれ神聖な場所が多く、この滝もとても神聖な場所です。
ですから、周りにはなーんにもありません。遊歩道があるだけです。
日本だったら、ほんとうにみやげ物やだ、遊園地だとつくりそうですけどね。
ハワイではそんなことはまったく考えないようです。
この滝に行く道すがら、さとうきび畑が手入れもされず打ち捨てられていました。
その昔、さとうきびが最盛期だったころは、日本人の移民も多く携わっていたと聞きます。
いまでは人件費などの高騰と、土壌にいまひとつあわなかったせいもあって
さとうきびは作っていないそうです。いまなら、バイオ燃料のためにもつくったほうがよいような気がしますけど、
そんな商業的な考えは、風に消えてしまいそうな、そんな雰囲気さえありました。

土地は地面のままにしておくのが、コンクリートやアスファルトで固めてしまうより
ずっといいのかもしれません。

途中、感じのよいパン(ホノムのISHIGO)やさんでお奨めパンを買いました。
いっぱい種類があって、選べなかったので、おばちゃんに「何がおすすめ」と聞いたら、
「絶対これ!」といわれたので、それを買いました。これでお昼代わりです。グァバジャムのパン。
おいしかったですよー

ヒロに戻って、昨年メリーモナークに出場された日本人の方が、クラフトのバザーみたなものを
友人宅で催していらっしゃるということなので、そこによりました。
きくところによると、昨年コーヒーの焙煎ツアーでお世話になった方の奥さんでした。(ハワイは広いけど、狭い?)
しばらくそこでハンドメイドのアクセサリーを買おうかどうか、悩んだすえ、庭にいた猫と遊んでいるうちに、出発の時間になってしまいました。で、結局買わず。

そうしているあいだに、メリーモナークの会場入りの時間です。
会場入りするのに、歩いていたら、
なーーーーーんと、レイの屋台にジョージ・ナオペさんがいるではありませんか。以前に紹介しました、「Sprits of Hula」のビデオに出ていた、マスター・クムフラ(フラの先生の先生)です。すごーく感動しました。一緒にお写真もとってくださって、一生宝物です(感涙)

070414_174200022
写真は、カネ(男性)のカヒコ2位だった、Ka Leo O Laka I Ka Hikina O Ka La

カヒコは、伝統的なフラのスタイルで踊る古典のフラです。楽器なども、もともとのフラで使っていたイプヘケなどを使用します。(ギターとかウクレレというのは古典では使いません)
服装も写真をみてお分かりと思いますが、昔ながらのものを使います。
男性は大抵フンドシスタイル。(マロといいます)マイレというレイも自分たちで葉っぱをとってきて作ると聞いています。
カネのカヒコのよさは、スピード、力強さ、キレでしょうか。
鍛えられた肉体が、集団で舞台上踊るさまは、けっこう感動します。
今年評判よかったのが、Halau I Ka Wekiu 結局1位になりましたが、ここはヘアスタイルから
服装、動きすべてにわたって群を抜いていました。なんせ動きが早いので、写真にはとれませんでした。
くわしくは、ここ(ビッグアイランド観光局)にありますから、見てください。

それと、フラの世界で現在とても有望株なのだけど、伝統的なフラのスタイルからははずれているとされていて
フラ界の異端児「マーク・ケアリイ・ホオマル」(アカデミー・オブ・ハワイアン・アーツ。カリフォリニア)
この人の舞台はすごいです。唯一、サングラスをかけて、イプヘケをたたきますが、8ビートなんです。ロックなんです。
ファンもたくさんいて、終わるとスタンディング・オベーションですね。
この舞台が日本に6月に来ます。
紹介しているページがあったので(映像も見れる)紹介しておきます。ここ


そうして夢のような舞台は終わって、えーと今夜も12時くらいになりました。
明日は、もう最終日です。(ああ。ずっと見ていたい気がします)

« ボルケーノとミス・アロハフラ | トップページ | メリモ最終日。やっぱカムエラ。それにナタリーの歌。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/15066353

この記事へのトラックバック一覧です: カネのカヒコに大興奮、やっぱりカネはキレでしょ!:

« ボルケーノとミス・アロハフラ | トップページ | メリモ最終日。やっぱカムエラ。それにナタリーの歌。 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。