« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

コナコーヒーとセクハラ親爺、世界一の夕陽と満天の星

コナ滞在2日目、10月に訪れたときに、朝ごはんのおいしかった店を探して
朝から散策がてらぶらぶら歩く。
変化の少ないコナも、すこし変わっていて、以前ご飯食べた店が10メートルくらい移転していました。
メニューもすこし変わっていたので、ほんとうは移転したのではなくて
経営者が変わったのかも。

朝にしてはちょっと贅沢な食事をして、それからぶらぶらショッピングなどをしながら、さらに散策。
Tシャツなどを購入。

それから以前行きたいと思っていたコナコーヒーの販売店へ。
侍コーヒー:国武カントリーサムライコーヒー
前回コナコーヒーの焙煎などを経験してから、
我が家では毎朝コナコーヒーでなくてはならなくなってしまい、
しっかりしたコーヒーやさんに行きたかったのです。
国武コーヒーさんは、自分で畑をもっていて、そこでほとんど無農薬で育てています。国武さんのコーヒーの木は他の農園のものよりかなり大きく、収穫するのにもかなり苦労がありますが、ここはコーヒーの品質に主眼をおいているので、人間が収穫するために短くするようなことはしていないそうです。
ここの店主(国武クニオさん)はうわさによると元大学教授。大変お話し好きでいろんな話をしてくれます。
ただし、ちょっとおっぱいのおおきな女性は気をつけてくださいね。
お茶目なセクハラ親爺に変貌する可能性もあるとか、ないとか。。。。
コーヒーはぴか一ですけど。

午後から、マウナ・ケアに登りました。
マウナ・ケアは4205メートルの山。ハワイ語で「白い山」という意味です。
山頂まで車で行くツアーが数多くあります。
「マサシのネイチャースクール」というツアーの「夕陽と星のツアー
というのに参加しました。
途中、オニヅカセンターで気圧に慣らし(高山病の対策)ながら、山頂でサンセットを見ます。
このツアーに行くため、ハワイに行くというのに、ダウンジャケットに厚めの靴下、ホッカイロなどを持参した私。
山頂はほぼ零℃。コナは30℃近い場所。30℃の気温差を体験するのです。
いったい何処へ行く旅行だろうという内容のスーツケースでした。
サンセットはすばらしく美しいものでした。Merry_monarch_068

ただ、ひとつ発見しました。科学的な根拠はわかりませんけど、4200メートルにもなると、

ホッカイロあったかくなりません~

多分気圧が低いせいで、熱反応が低い温度で完結してしまい、発熱するほどにはならないのだと思います。

サンセットをみたあと、すこしくだり3000メートルあたりで星の観察。
いやー車を降りた瞬間、こんなに星が見えるのか、って思うくらいの満天の星。言葉を失いましたね。
コンピュータで位置を観測できる高性能の望遠鏡で様々な星を観察。
この時期(4月10日前後)は北極星と南十字星が同時に観察できる時期だったので、
そういうダイナミックな星空の邂逅もみることができました。
日本では星座の見えない部分もくっきりと見えて、あんなに星があるんだ~と思ったりしました。
時間を忘れて観察しました。

一度は体験する価値のあるものですよー(お勧めします)

ただ、これは体調の悪い場合は、やめておいてくださいね。それに喘息などの心配のある方も参加できません。
5人にひとりは高山病の心配があるそうです。高度が上がってくるとやたらに眠いですが、これも眠ってはいけませんといわれました。でも、それを乗り越えても、行く価値はありますよー。

てなわけで、高度が下がってきてからは、バスのなかでゆっくり寝て帰ってきました。(高度が下がれば大丈夫)
この日の写真は「メリーモナーク2」に載せています。

ハワイ島はビッグ! 1日目

ハワイ島にいくのは、2度目
でもぜんぜん回りきれていないのです。

ハワイの面積ってたぶん関東地方よりも広くて
気候は13ある気候区分のうち
11の気候区分があるといわれるくらい
場所によってぜんぜん気候が違います。

私たちが去年メインでいたコナあたりは
かなり過ごしやすい気候なのですが、
これもすこし山の方に行くと、
(車で移動していたりするとすぐ標高千メートルくらいの場所にいたりします)
気候が変わってしまいます。

今回はメリーモナークであるフラの大会を見るのがメインだったのですが、
前にも書いたように、2日も前にハワイ島にはいりましたので、
コナのひなびた町のそのまたひなびたホテルに宿をとり(安かったの)
昨年いけなかった場所などを回りました。

JALがコナに直行便をだしていますので
それに乗ってびゅーんと。
コナのケアホレ空港は、溶岩の土地を切り開いた場所にあります。
ところどころにぺんぺん草みたいな植物がみえるだけで
黒い(あるは茶色い)溶岩が果てしなく続く場所です。
そこに下りるとタラップです。
ああ、ハワイだなあと思う暑い風が吹いています。
サーカス小屋みたいな税関のある建物にはいると、
4つくらいの税関のブースがあります。ここで指紋と目の写真をとられます。(生体認証だなあ)
それを抜けるのに、小一時間くらいかかります。
荷物はすでに、回転台からすべて下ろされて、床に並べられています。(番号札のチェックをうけたことはありませんけど)
それで外に出ます。出るといきなり日本の旅行エージェントの受付台が並んでいます。
今回わたしたちは、レンタカーを予約(前回もそうだったけど)していたのですが、
空港からだと空港に返さないといけないので、コナのホテルのオフィスから借りる予定で
そのままタクシーを呼んでもらって、(呼んだら3秒くらいできた!カミカゼー驚)コナまで。
コナまでの道すがら、ずいぶんと道が工事中。拡張工事が進んでいました。
コナは最近渋滞がひどいらしく、その対策なのでしょう。
話に寄れば、ハワイのロコの仕事振りは10人で作業してても、
作業しているのは2人くらい。あとは、作業をしているのを見ているということが多いとか。
まあ、それでも出来上がればよいのでしょう。

(続き)

レンタカーを借り出して、
以前行きたくて
いけなかったプウホヌア・ホナウナウという国立歴史公園へ。
コナのアリイ・ドライブを海岸沿いに車を走らせると、鄙びたコナの町でも
ちょっとしたリゾートに見える場所にでます。
瀟洒な別荘なども見えます。

到着が1時間早かったので(偏西風の影響らしい)
まだ午前10時すぎ。
ドライブするのが清清しい。
日本からもってきたフラレアのCDを聞きながら
1時間ほどのドライブ。

プウホヌア・ホナウナウの写真は
旅行の写真の①にたくさんありますので見てね。Merry_monarch_005

国立の歴史公園といっても
日本のように、いっぱいお土産がならんでいたりということはありません。
昔の神殿のあとが、同じ場所にただ復元されているだけですから、
後日、現地の旅行社の方にきくと
連れて行って一番お客さんの反応の薄い場所だそうです。

とは言っても、この場所は聖地。
足を踏み入れると、空気が違う気がします。

プウホヌア・ホナウナウをでて、近くのフルーツスタンドにより、
地元のフルーツを仕入れて、
それからコナに戻りました。

帰りに、アロハ・エンジェル・カフェでお昼ご飯。
ここの辺りは、1930年代に建てられた建物が多く見られる。
コナはアメリカで唯一のコーヒーの産地であるし。
その労働に日系人とかがたくさん移民してきた歴史もあり、
ちょっとどこか日本風な建物も数多く見られます。
いまでもコーヒーの労働者が使っている道具とかに
日本の言葉が残っているそうです。

コナ・コーヒー。うまいです。
ライオンのとかじゃないですよ!

日本でなかなか入手がコンスタントにできませんが、
もう他のコーヒーは飲めません。

それから、ゆるゆるとコーヒーの畑の多い、180号線沿いを
進むと、「マウカ・メドウズ・コーヒー農園」がある。
看板が小さいので危うく見逃すところでした。
静かな庭園を進むと、そこはハワイらしい植物が迎えてくれます。
時間的にももう閉園に間がなかったので、私たち貸切状態。
庭には雉とかもいました。(野生なのかもしれません)

ここのお兄さんに丁寧にいろいろ説明してもらい、
淹れたてのコナ・コーヒー(100%)をいただいて
景色のいいテラスから海が見えました。
何気にここは海抜1000メートルくらいあります。

そこをでて、
帰りにウォルマートにより、
ホテル着。

時差のせいか、少し眠ったあと(ここが元気なところです)

コナ・ブリューイング・パブへ。
地ビールが飲める!うまい!
ピザが劇うま!しかも安い!

でもあるいて行ったので
遠い。。。。。30分くらい暗あい道をあるきました。
ちょっと怖かったー

おいしい食事とつかれとで
爆睡しました。。。


Big Islandへふたたび

去年の10月に行ったばかりだったのですが、
今回、フラの一番大きな大会である
「メリー・モナーク・フェスティバル」を見れるというツアーを探して問い合わせたところ
チケットが入手できたので
これはまたハワイ島へ行けというご託宣に違いないという勝手な解釈をして(笑)
4月9日出かけました。
フラをやるひとなら一度はみたいという有名な大会なのです。
フラは各ハーラウ(教室。家族的な意味合いもあるようです)で先生(クム)から習います。
そのハーラウごとに出場して、今年の「ミス・アロハフラ」「カヒコ(古典フラ)カネ(男性の)フラ」「カヒコのワヒネ(女性)フラ」「アウアナ(現代フラ)のカネのフラ」「アウアナのワヒネのフラ」を競います。
前夜祭もあわせると4日間、フラづくしです。
毎年、ハワイ島のヒロというところで行なわれています。
ヒロは、日系人がむかしから多く入植している都市です。

前夜祭は11日からだったのですが、
チケットがなかなかうまく取れないので
なんとわたしたちは9日からハワイ島に入りました。
Merry_monarch_039


一日目の写真をアップしました。
Юлияの旅日記メリーモナーク編1日めを見てください。

帰国しました

月曜日の夕方帰国しました。仕事がたっぷりあるので昨日からすぐ職場復帰。さすがにちょっと疲れて帰宅してメールも確認せず就寝。
おいおい旅行の写真などアップする予定。まずは帰国報告まで

April weather

気がつくと4月です。
4月なのに、昨日は東京は霙。
3時くらいから急に暗くなったかと思ったら
雷鳴とともに激しいい雨、しばらくすると雪みたいなものが混じってました。
帰宅するときの寒いこと。。。
2月、3月が暖かだったので、
余計に寒く感じますねー

このところちょっと忙しくてなかなかブログまで手が回らない状態です。
更新できなくて、読んでくださっている方には申し訳ないですね。

このところの雑感です。

さて、今週末は都知事選挙の投票日ですが、
うちの近くにある選挙用のポスター掲示板には
たくさんあるマスのうち4枚しか貼ってありません。
ずいぶん多数の方が立候補されているのですが、
ポスター貼らないのであれば、もう掲示板って必要ないのかもしれません。
候補が多すぎてよく分かりませんね。

おとといでしたか、TVのチャンネルをあちこち変えておりましたら、(はい、私はザッピングおばさんですんで)
関西テレビの謝罪番組をやってました。謝罪番組なのに、証言者が声を変えて、顔も映さずにやってましたんで、
関西テレビって謝罪する気はないんだなーと理解しました。
最近のテレビって、ほんとうにくだらなさ過ぎ。1回すべて放送を止めてしまって、考え直した方がよくないでしょうかね。

仕事でちょっと化学関係の調べモノをしておりましたら、
CMでやってた「ヒト由来の乳酸菌」という言葉が気になったので
ついでに調べました。ヒト由来ってどこから採取するんだろう?
ええ、判明しましたが、ちょっとここで憚られる内容でした。。。。
蒼井さん(フラガールよかったらしいので、見たいのですが)見るたびに
きっとヒト由来の乳酸菌って。。。と思うのでしょう。。。。イメージちょっと変わりましたー

という、わけで
4月になりましたので、
今月も俳句。


恩讐も半ばになりて土筆出づ (遊離哉)

駐車場のわずかばかりの地面に
土筆が伸びていました。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。