« Hau'oli Makahiki Hou! | トップページ | 変な看板 »

飛翔

あけましておめでとうございます。

大晦日の坂を上りきり
新しい年へむかって崖をえい!っと飛びました。

今年の新年は温泉ですごしました。
テレビ東京のジルベスターコンサートで尾高忠明氏の指揮による
エルガーの「威風堂々」でカウントダウンをみて
どきどきしながら、エンディングぴったり。おみごと!
こんなことするのは日本だけだなあなんて考えながら
あらたまった気分で温泉へ。
お湯に身体を浸しながら、これからの1年のことを考えました。

今年から部署がかわって
7年もやってきたPC関連の翻訳からはなれて
特許関連の仕事をすることになりました。
これもなにかの縁かもしれません。
あるいは転機というべきか。

新年がくるたびに、一休禅師が
「門松は冥途の旅の一里塚、馬かごもなく、とまりやもなし」と言ったのを思い出します。
この狂歌は、めでたくもあり、めでたくもなしといいかえられて伝えられていますね。

わたしはめでたくまたひとつ無事に一里塚をむかえました。ありがたいことです。


さて、今年ももう仕事始めです。
わたしは明日からです。

今年もよろしくお願いします。Ikaho_003
温泉場で散策したときに、源泉のちかくで霜柱をみつけました。写真はその霜柱です。

« Hau'oli Makahiki Hou! | トップページ | 変な看板 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
今年は特許関係のお仕事ですか。
大変な業務ですがスキルのスパンも広がり貴重な経験を積むことと思います。
ある日仕事が変わって転機が訪れることはよくあることですね。
いや人生の節目とはそういうものでしょう。
益々のご活躍をお祈りいたします。
今年も宜しくお付き合いの程を。。。
それでは又。

明けましておめでとうございます。

ジルベスターコンサートのカウントダウンはここ数年本当にドンピシャで感心します。曲が終わって間髪入れず花火がパーンと鳴るのも劇的ですが、今年のように一瞬の余韻の後に新年を告げる花火が鳴るのも趣があって良いと思いました。

ところで、ユーリャさんは普段霜柱なんて見ないのでしょうか。
私など朝庭を歩くと霜柱がバリバリ鳴りますよ。都会の近くの田舎に住んでますので(汗)

今年も宜しくお願いします。

>閑話ノート様
今日出勤して、なんだかまごまごしているうちに
1日が過ぎてしまいました。特許の文章って独特なんで、なれるまでには時間がかかりそうです。

>amenbo様
近所ではあまり見ませんね、霜柱。どこもかしこも舗装されていますから。郷里にいるときは、よく見ましたが。ここの霜柱すごく大きかったというか、長かったのでちょっと写真に撮ったしだいでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/13328791

この記事へのトラックバック一覧です: 飛翔:

« Hau'oli Makahiki Hou! | トップページ | 変な看板 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。