« 小石川後楽園 | トップページ | 今年の漢字 »

道路特定財源制度って

舌かみそうな制度だけど、
要は昔、道路を敷設するのに、税源として揮発油税 とか石油ガス税 とか自動車重量税とかを作ったわけでしょ。
それが道路をそんなには作らなくてよくなったから、
ほかに回したいというのが、今回の「一般財源化」だよね。
一部の政治家や、業界団体はそこに利害があるから、ものすごく反対しているけど。
ガソリン税を払っているドライバーなのですよ。一応私もね。
ガソリンの値段が安くなることは歓迎なので、石油ガス税の税率を下げるというのもいいんだけどサ。
この際、「一般財源化」じゃなくて、その分を
「環境税」にしてしまえば、いいんじゃないでしょか?

だめっすかね~?

新たに税金が取られるのはいやだけど、車運転してたら、環境に対する責任もあるわけでしょ。環境税で道路周りの環境やら、排気ガスの対策、騒音やらの手当てもできるんじゃないでしょか?
環境税に回すってのが提案されないのは、環境省が弱いから?役所的に?

二酸化炭素の問題も、日本って京都議定書のホスト国なのに、目標ずっと下回っているし。。。。ちと、このへんも省みてほしんだけどねえ。

やっぱ無理っすかねえ。

高速作ったら、通過してしまう都市って
かなり悲惨になりますよ。それでも道路ほしいですかね。
家いま高速の横にあるんですけど、騒音と振動けっこうすごいですよ。
東京なんですけど、商店街は潰れてますし。
それでも、やっぱ道作ってほしいんでしょうね。いろいろあって。

« 小石川後楽園 | トップページ | 今年の漢字 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

政府与党の一般財源化の狙いは、財政再建のひとつの方策なのですね。
ご指摘のとおり、国民は財政再建のために新税や消費税のアップには抵抗がある。
そのことを承知しているので一般化して道路特定財源を使いたいということでしょう。

ところが一方の意見(道路財源の納税者)は、もう道路を作らないのなら、
その分減税せよと迫る。
もう一方の意見は例の道路族議員なのですね。
一般財源化は時期尚早で拙い。地方(道路)を切り捨てるのかとなる。

一般財源化もドンブリの話しで使途が不明確。
ユーリャ様のご意見のように環境対策に使う手もある。揮発油税がより目的税化しますよね。
民主党は以前、変なことを言ってましたね。「高速道路料金を無くして、この特定財源を使う」などと・・・。

そんな訳で議論がゴチャゴチャ錯綜しているのではないでしょうか。

>閑話ノート様
一般財源化という漠然とした海に、道路特定財源を投げ込む気にはなれないというのが、正直な気持ちです。道路での目的がある程度達成したのなら、次のステップをもうけるべきで、うやむやに何にでも使えるようにするというのは、ちょっと拙い手のように思いますね。
今年ハワイでトレッキングをしたのですが、かの地はとても澄んでいました。空気というか、気が澄んでいたように思ったのです。自然と人間の生活を調和させていかないと、なんだか竜巻やら強力な低気圧やら自然からしっぺ返しされているような気がするのですね。日本は狭い上に車社会ですから、その排気とか、騒音とかの対策は急がなくちゃいけないんじゃないかと素人考えに思うのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/12959753

この記事へのトラックバック一覧です: 道路特定財源制度って:

« 小石川後楽園 | トップページ | 今年の漢字 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。