« イルミネーションと烏賊釣り舟と妄想 | トップページ | 師走 誰が走る? »

松竹~大船撮影所の匂い

過日、知人より山田洋次監督の「武士の一分」の試写会のチケットを頂戴した。

すこし遠かったが、仕事帰りに行ってきた。試写会は20倍だったそうで、雨ふりにもかかわらず満席。
協賛の日比谷花壇のブーケなどの抽選後、映画を鑑賞した。

これは予想外によい映画だった。

内容については、明日封切りなので差し控えるが、
日本の風景が、その風の音、光、雨の音などで静かに表現されるのであるが、
絶品なのだ。

うすぐらい日本家屋のつくり、障子、縁側の肌触りが座っていても感じられる。

主演は木村拓哉だが、女優がよい。
檀れいという人だ。

山田洋次監督作品は「たそがれ清兵衛」以来2本目。寅さんシリーズは1本もみたことがない。
しかし、この2本の映画にふと木下恵介監督とか、山田太一と同じ匂いを感じた。
ああ、大船撮影所なんだなあと
さっき気がついた。
小津安二郎の流れなんだなあ。
そういや
小津作品によく出演している笠智衆さんは、私の高校の先輩だった。

« イルミネーションと烏賊釣り舟と妄想 | トップページ | 師走 誰が走る? »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

なかなか良さそうな映画ですね。
キムタク、歌うたってるより役者の方がいいですね。

壇れいさんもタカラヅカの女役だったらしいですね。
タカラヅカ顔もそうですが、演技もうまそうですね。

>瑠葉さん
SMAPの歌って聞いていると不安になります。
いつ音が外れるかと。。。

檀さんは、最初宝塚の出身の人と知りませんでした。
宝塚出身の人はクセがあってあんまり好きじゃないんですが(特に最近の人は)、この方はよかったですねえ。昨年萬斎さんとのお芝居「夜叉ヶ池」を見たときに出演されていたのでした。これも後から気づきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/12879192

この記事へのトラックバック一覧です: 松竹~大船撮影所の匂い:

« イルミネーションと烏賊釣り舟と妄想 | トップページ | 師走 誰が走る? »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。