« 帰国の朝 静かなハウツリー・ラナイ | トップページ | Hula Quake Tee入手 »

日本の喧しいこと

帰国してから
少年少女があいついで自殺したり
子供が虐待にあってなくなったり
ニュースを見れば悲しいことばかり。

ふと思うのだけど、
マスコミはもっと冷静に報道してはどうかな。
すべて感情的で
誰かを悪者にしたてているうちに

自殺とか少年犯罪を助長してはいないか。

少し前放火が相次いだように
こんども自殺が相次ぐようになっている
どこかで誰かが言った
「自殺は伝染する」
マスコミがそれを媒介していないか。

おばさんは思う
おばさんもかなりきつい虐めにあってきた
住んでいる地域でも
学校でも虐められた
虐められている間、一度も死のうと思ったことは幸いなかった。
小さいときから、先生なんてまったくあてにしてなかったから。
親もあてになんかしてなかったから。

今、虐められている少年少女たちは耐えがたい苦痛かもしれない。
もうがんばれないとおもったら、学校辞めちゃえ。
そんなこと生きていく間ではたいしたことじゃない
先生なんてデリカシーのかけらもないんだ。あるほうが珍しい。
うちの親は両親そろって先生やってたけど
本音と建前とつかいわけてた。
そんなに偉くない。ふつうの平凡なひとたちなんだ。
あんまり期待しないほうがいい。

なんとか生き延びろ!


日本の教育システムをいま考えているひとたち。
先生たちにあまりに期待をかけるな。
採用している手法を考えてもすぐによくなるはずもない。
学校をやめちゃっても
あとあとやる気のある子が
復活できるようなそんなシステムを考えてもらいたい。
先生を採点しようなんて考えで
この先よくなるはずないとおばさんは思う。

なんとか生き延びろ!

« 帰国の朝 静かなハウツリー・ラナイ | トップページ | Hula Quake Tee入手 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/12486958

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の喧しいこと:

« 帰国の朝 静かなハウツリー・ラナイ | トップページ | Hula Quake Tee入手 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。