« わわしい女 | トップページ | 山下町公園の猫 »

天気が悪いのに

ゆうべ
洗濯物がたまってしまっていたので、洗濯機を3回まわした。
干し終わるころには、もう午後10時を回っていた。(とちゅうで晩御飯も食べたけど)
洗濯物を干しながら、なんとなくTVをつけていた。
山口県の高専の事件の容疑者が発見されたという報道。
なぜだか、未成年でもう発見されたのに写真も名前も報道されてた。
週刊誌が実名と写真を掲載したから、解禁されたのか?
他の局のニュースもみたが、こちらは写真にはモザイクで
容疑の少年という報道だった。

この事件を聞いたとき、なぜだかこの容疑者は生きてはおるまいと思ってた。
事件の背景とかは知る由もないが、無理心中のようなものだろうと想像した。
殺された女子学生に落ち度があったとも思えないが、
自分の気持ちとかをうまく伝えられない場合、最近は極端に走るという傾向があるのかもしれない。

今日までの時間経過を考えると、事件の発覚した段階で、容疑者は死亡しているわけだから、
名前を公開することにあまり意味はなかったかもしれない。
確かに乗っていたバイクの型や、服装などがもっと早くに公開されても良かったかもしれないけど。
でも、
なんでTV局は死亡が確認されてもなお、実名で報道したのだろうか。
逃亡のおそれも、再犯のおそれももうないのに。
なんだか釈然としない気持ちでゆうべは眠りについた。

おまけに洗濯物干した途端に、雨降るし。
べランダ広いから、まあいいんだけどサ

« わわしい女 | トップページ | 山下町公園の猫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も、当初からこの少年は自殺しているような気がしていました。相手を殺して、自分もすぐに自殺してしまうだなんて、あまりにも心が弱すぎる。

>自分の気持ちとかをうまく伝えられない場合、最近は極端に走るという傾向があるのかもしれない

最近の若い子によるこの種の事件を見ているとそう思いますね。人間関係には傷付くようなことが山のようにある。恋愛であればなおのことなのに・・・。今日の私のブログはこの事件を念頭に書きました。

>amenboさん。ようこそ。
人生を途中で投げ出すなんてとても勿体ないと私は思うのです。生きていく上で、傷つくようなこと、嫌なこと、悲しいこともたくさんあります。恥ずかしいこと、逃げ出してしまいたいこと、たくさん経験しました。でもこの世に生まれてきて、もう45年も経ちました。生きたくても病気で亡くなってしまった友人もいます。こうしてとりあえず健康で生き残ってきたのですから、私は人生をまっとうしたいと思います。そうして死ぬときに「わりと面白かったな」というのが願いです。

もう死んだから、厚生を妨げることはないという理由みたいですが、要するに視聴者受けする、より価値ある商品としての報道を追求しているということでしょうかw

一旦好きになったら欺瞞に走らず命をかけるのが真の恋愛と考えることもできますが、その辺、難しいところですね。

別に名前なんか知りたくもないですけどねえ。

>一旦好きになったら欺瞞に走らず命をかける

命をかけてもよいですけど、自分だけにしてくれって思います。相手がどう思っているかなんて関係ないのなら、それって恋愛じゃないんじゃないかなあ、って思います。
フラレたって、世の中いい女もいい男ももっといますって。

すぐに亡くなっているとは思いませんでした。
2日以上たつとさすがにそうだとは思いましたが。
新潮社は以前何かの少年犯罪の時にも
実名、写真報道をした記憶が。
やはり報道の義務ではなく面白がっているだけのようにしか見えません。
事件の真相は分からないままになりましたが
加害者の方の家族は実名、写真報道された事によって
本当に針のむしろのような生活を強いられます。
犯罪者とその家族は別人格なのですから
せめてそこを抑えた報道にしていただきたいものです。

なんか被害者も加害者も可愛そうですね。首吊りなんて。こんな表現方法しかなかったのかなあ、って思います。

ちなみに我が家は庭はあるものの、ベランダはない、共働きで家にいない、土日もどちらか出かけている、だから家にはほとんど誰もいない、で、洗濯は乾燥機が頼り。便利ですが柔軟材を用いないとゴワゴワします。

>瑠葉さん。
そうですね。やはり面白がっているというか、自分たちの力を見せたいのでしょうね。
私はこの事件が起きたときに、裏山あたりを山狩りしたほうがよいと思っていました。誰にも心の内を明かすことなく凶行にいたったわけですから、覚悟のうえだろうと想像したのです。マスコミがバイクの走行能力やら、逃走経路を面白おかしく伝えたがために、警察もそこを回らざるを得なかったのかもしれません。解決に時間がかかってしまいましたね。

>てっちゃん。
自殺の理由など詮索しても仕方ないのですが、自らの命をすてるほどもったいないことはないと私は思います。苦しいこと、かなしいことはいつか乗り越えられると思うのですけどね。
乾燥機。うちにもあるのですけど、縮んだりするのいやなもので、あんまり使いません。
ベランダに干しっぱなしのときがよくあります。これでちょっと困るのは、近所のホタル族がベランダで煙草をすうので、ときどき洗濯物が臭くなってしまうのです。。。早くしまえってことでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/11806514

この記事へのトラックバック一覧です: 天気が悪いのに:

« わわしい女 | トップページ | 山下町公園の猫 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。