« LE TEMPS QUI RESTE | トップページ | 天気が悪いのに »

わわしい女

「わわしい」とは、男への隷属に反抗した女に、男が冠した形容詞。口やかましいとか、男勝りな女性を指しているようです。
わわしい女

久しぶりに狂言を見にいった。大蔵流の納涼狂言。相変わらず面白い。千作さんが登場するだけで微笑んでしまう。人間国宝なのも頷けるところだ。

今回の曲は
「蝸牛」
「鎌腹」
「死神」

最初の「蝸牛」は、主人からカタツムリを探して来いと言われた太郎冠者。カタツムリというのを見たことがありません。それで主人に特徴を聞いて探しにいくと、その特徴どおりのものがありました。さてさて。。。。それは?というお話。「末広かり」に出てくる太郎冠者などと同じく、無知ゆえの失敗。なぜか最後はみなで踊ります。
「鎌腹」はそれこそ女房殿がやかましく「わわしい」ので、絶望した男が腹を鎌で切って死のうとしますが、なかなか死ねません。そこへくだんの女房殿が現れて。。。。口やかましいけど、情愛の深い女が描かれます。
「死神」は落語から採話した曲。ひょんなことから死神に気にいられた男が、寿命かそうでないのかを見分ける術をまなんで医師になりますが。。。。最後は自分の寿命を縮めてしまうというシュールなお話。

« LE TEMPS QUI RESTE | トップページ | 天気が悪いのに »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

わわしい子猫
http://www.youtube.com/watch?v=vdQj2ohqCBk

箱入り娘さんたちですね~
うしろで鏡みているやつがかわいいです

「死神」面白い話ですね。今流行の「デスノート」はこの狂言をヒントにしたのかもしれないなと思いました。

>たかぼさん。ハワイはいかがですか?
「死神」はもともと落語なんです。三遊亭円朝という怪談の得意な落語家さんがイタリアのオペラからヒントを得て作った話なんですね。ワールド・ワイドな話なんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/11782799

この記事へのトラックバック一覧です: わわしい女:

« LE TEMPS QUI RESTE | トップページ | 天気が悪いのに »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。