« 立秋 夏の名残 | トップページ | 2003UB313のボート »

すごい雷の日と大停電

土曜日。
昼頃起きだして、洗濯でもしようかなあと考えていると、遠くで雷がなっていた。
ああ、そうそう今日は雨降るんだよね。と思いつつだらだらとTVを眺めておりました。
相方が実家に帰る用事があったので、木曜日から一人でした。
自分ひとりだと、なんだか夏ばてで料理する元気もないので
適当なものをたべてごろごろしていました。
天気予報で大気の状態が不安定なので、昼くらいから雷雨とのこと。
洗濯も中止。
そのうちに、雷が半端でなく激しくなってきました。
東京にきてからもう8年くらいになりますが、こんなにすごいのは初めて。
それですぐにTVのテロップが「山手線不通」のお報せ。
こうなっては、おでかけは控えたほうがよさそうなので、
部屋でおとなしくしておりました。

それで本日のことです。今日は暑そうな青い空。すごく晴れています。
出かけようとしていると、TVから東京の半分くらいが停電しているというニュース。
相方はその直前に出かけてしまっていたので、テロだったらどうしよう!とちょっと不安に。
すぐにメールしてみましたが、お返事はなかなか来ません。TVをしばらく見ていましたが、
原因が不明ということだけで、特段なにか攻撃されたとかではなさそう。
NHKはなぜだかヘリを飛ばして、わざわざ「雷が発生している地域はありません」とリポートしていた。
昼間の停電をつたえるのに、ヘリで取材というのにはちょっと首をかしげたが。
NHKもあわてていたということだろうかね。
それで、電車が動いているかどうか不明だったのだけど、とりあえず会社に向かってみました。
30分とか遅れているという情報だったのだけど、3つの線を乗り継いでもとくにいつもと変わりなし。
私が通勤している範囲にはあまり影響がなかったのかもしれませんねえ。

マスコミはなんだか「都市機能の脆弱性」とか
ネガティブなことを言っているようですけど、
大規模な停電があって、おおきな交通事故もなく、
エレベータに閉じ込められた人は数人いたようだけど、
けが人とか暴動がおきたわけではなかったから、
存外に停電とかには強いのかもと思った次第だった。
まあこれが夜だったら、危なかったかもしれないけどね。

自宅は停電していなかったから、出かける前にTVのCMで
「日本は停電がすくない」と言っていたのが、ちょっと皮肉。

« 立秋 夏の名残 | トップページ | 2003UB313のボート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残暑お見舞い申し上げます。

昔、NYの大停電の後で子供がだいぶ生まれたそうなので、政府による少子化対策の謀略かと思いましたw

停電といっても思ってもみない停電ですよね。

電力量を過剰に消費したためかと思いもしましたが
朝からそれはないでしょうし…

ただ朝だったために人的被害も少なかったでしょね。
午後から3時間も停電したら病人は病状が悪化するでしょう。

こちらはここのところ夕立がありますが
今日は最高気温が36℃予想だったりします。

ame*さん
お久しぶりです。毎日暑いですね。暑いの苦手なので、(南国出身なのに)出勤するのがいやで仕方がありません。昨日の停電で感心したのは、電車に閉じ込められたり、駅で待たされたりしているのに、けっこうみんな平静だなあと思ったのでした。おとなしくみんな電気がくるのを待っているというのは、なんだか日本人って本当におとなしいなあと思う次第でした。

瑠葉さん。
私は昔台風の被害で近くの電柱から家への電線が切断したため1週間停電を経験したことがあります。最初のうちは「キャンプみたい」なんて思っていましたが、徐々に疲労がたまってきて、最後は「なんで電気がこないんだ!」と誰彼かまわず怒っていました。
灯りって大事なんだなあとそのとき実感したのです。

私ん所(千葉)では総武線の普通電車が不通、京葉線が不通でしたが、総武線快速は通常通り動いていました。ですから停電にまったく気がつかずに定時(といっても10時ですが)に出勤、キョトンとして、みんなの顰蹙を買いました。
もう十年以上前だと思いますが、過激派によるJRのポイントを狙ったテロがありました。今回も過激派に、ああ、あそこ狙えばいいんだと教えたような‥‥

>てっちゃん
あの日一報が入ったのは8時10分くらいだったので、
ほとんどの通勤の人は知らずに電車に乗っていたと思います。てっちゃんは10時出勤なのですか?うらやましいですねえ。
とはいえ、私はフリーランスのオンサイト(かたかなばっかり)なので出勤時間はけっこう融通きくのですけどね。(w
そうそう、あの高圧線を切断すれば、東京はマヒするんだということが判明しましたよね。
ただ、あの高圧線を切断するにあたっては、よほどの覚悟がいりますよね。私は船に乗っていたひとがよく無事だったなあと感心します。27万5000ボルトってどんなんや~って思いません?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/11432252

この記事へのトラックバック一覧です: すごい雷の日と大停電:

« 立秋 夏の名残 | トップページ | 2003UB313のボート »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。