« 去年と同じ日だった | トップページ | 気になる広告③ »

Windy, Windy Days

このところ、東京では風の強い日が続きます。
先日も夜すこし出かけたのですが、まー風が強いこと。びっくり。
満開の桜も
花に嵐とばかりに
花吹雪状態です。

すこし風邪をひいてお腹の状態が超特急だったので
月曜は様子をみて仕事をやすみました。

まどの外が一日中風の音がやみませんでしたね。

Ca240009


はなびらの 苦海の舟に 二人乗り (遊離哉)

赤坂プリンスまえの桜。
あまりの風にオートフォーカスとうとう一度も合わず。。。

« 去年と同じ日だった | トップページ | 気になる広告③ »

「季節」カテゴリの記事

コメント

枝垂れ桜のように見えますね。
強風マジックですね。
雨の日なのに鼻水が出始めて
やっと体調も元に戻りつつあります。
…しかし鼻水が復活して喜ぶ輩は私くらいでしょうか。
今回は2週間以上も患ってしまいました。
ユーリャさんもしっかりゆっくり休んで下さいね。
眠りながら桜の散る音でもきくことができれば
風流なんですけどね。
でも句作は頭が回っていないためできません。

>瑠葉さん。
お加減いかがですか。鼻水がでるようになったということはよくなりかけているのかな。

この「苦海」ということばは、先日狂言をみたなかに出てきてちょっと使ってみようかなとずっと思っていたのでした。
この狂言についてはまたあらためて書きますね。

 「苦界の舟に二人乗り」・・・・いいですね~!
 コリーダ的ラブソングかな?洋々たる前途に向けて船出するよりも、苦界に漕ぎ出すほうが「二人」にとっては幸せという場合もあるでしょうね~。

川面に落ちた花びらを
橋の上から眺めておりました。

小さな小さな花びらは
舟とするには頼りないけれど、
浮きつ沈みつする時間のなかで
ひとりで波間に浮かぶより
ふたりで波間に浮かびましょう。
川が流れて海へでて
波も高くて
風も吹くでしょうけど。

いつもユーリヤさんみたいに、自分で創作できる人はいいなあ、と思って拝見しております。
批評なんか、誰にでもできますからね。

しかし東京、千葉の風はすごかったですね。この前の千葉の駅前なんか、自転車が倒れている、のを通り越して、吹き飛ばされて積み重なっていましたね。よく人に当たらなかったものです。

月曜日新入社員の諸手続きのために、ハローワークまで行ったのですが、普通なら徒歩10分のところ、向かい風で優に20分はかかりました。疲れました。

てっちゃん。ようこそ。
まあ、創作をやりたくてネットを続けているというだけですね。時々は枯渇してしまったかという感じでなーにも浮かばないこともありますけど、それはそれでいいやっと放っておくと
そのうちまた意欲がわいたり。。といったところでしょうかね。

はなびらの 苦海の舟に 二人乗り

俺は、何を、、、想うべきだろうか。

>Lonesome Guitarさん

風邪などはひいていませんか?季節の変わり目ですねえ。寒かったり、暑かったり。

「想うべき」ことなど多分何もないのですよ。
すべては時々刻々と変わっていくのですから。
それぞれに想うことはあるでしょうけど

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/9424899

この記事へのトラックバック一覧です: Windy, Windy Days:

« 去年と同じ日だった | トップページ | 気になる広告③ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。