« OO7と定吉と道明寺粉 | トップページ | よく転覆脱線しなかったよね »

サロメ

スペイン舞踊のアイーダ・ゴメスの「サロメ」を見てきました。
好色なヘロデ王とその后ヘロデア、ヘロデアの連れ子のサロメの人間模様。
預言者ヨハネに恋をするサロメ。しかしその想いが叶わないと知ると、ヘロデ王に自分の踊りを見せる交換条件としてヨハネの首を刎ねることを要求する。その願いはかなえられたが、ヨハネの生首を前にして、自分の欲の深さ、あさましさを知り絶望してしまう。という有名なストーリ。

スペイン舞踊の持つ明るさと、哀愁がよく表れていて、
このサロメという作品によくあっていたように思いました。
この作品は昨年映画の方でみて、ぜひにゴメスのフラメンコを生でみたいと思っていたのです。
映画はこの作品がどのようにつくられたかというメイキングになっていましたので
衣装や舞台装置、ライティングにいたるまでものすごく凝ったつくりになっていました。
ああ、舞台装置はけっこうシンプルなのですけど、これがまたよくできているのです。

このなかでたくさんのダンサーが出演していましたが、やはりゴメスは違いましたね。
群舞のシーンでも、どこにいるかすぐわかります。こういうのを存在感というのでしょうね。
肉体による表現としてダンスをみると、精神性と一体となって、さまざまなものを伝えるのだなあと思いました。
ことばで伝えられないものまでも。Ca240013


« OO7と定吉と道明寺粉 | トップページ | よく転覆脱線しなかったよね »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

歌舞伎に狂言にコネリーにフラメンコですか…
何か優雅な生活してますね。

ここのところ仕事が殺伐としていますので
憧れちゃいます。
植物を扱っているのに殺伐っていいのだろうか…

もっかのところ時間がとれれば
次回の大阪出張の折にでも
花月で朝からお笑い三昧ぐらいしか浮かびません。(予定なしが基本の状態)

フラメンコはやってみたいと思うのですが
その前に痩せなきゃ。

>瑠葉さん
7年も関西にいたのですが、結局花月には一度も行かずじまい。南座などけっこう前は通ったのですが、それも行った事がありませんね~。そうそう歌舞伎は行ったことがないんですよー。能は好きですけどね。
フラメンコは詳しいわけではないのです。ただ本場ですごいと言われている人は、やはり生で見るとはくりょくあるなあと思ったのでした。
フラはフラでもハワイのフラはやってます。(ぼちぼち)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/9742534

この記事へのトラックバック一覧です: サロメ:

« OO7と定吉と道明寺粉 | トップページ | よく転覆脱線しなかったよね »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。