« よく転覆脱線しなかったよね | トップページ | 神々への祈り »

チワワの値段が下がっているそうです。

「どうする~アイ○ル?」の宣伝に使われていて結構人気のあったチワワの「くぅちゃん」
もうあのCMも打ち切りだそうです。
犬にはまったく関係のないことでしょうけど、チワワ(血統書付き)だと一時期60万くらいしたそうです。
最初に犬を使ったCMでは、その「くぅちゃん」と目があってしまった「くぅちゃん」を購入してしまうというCMだったように思います。60万もするのでは、サラ金も利用することがあるかもしれませんね。いまは30万くらいだそうです。
それでも十分にお高いですよね。

いまやグレーソーンとかの金利も衆人の知るところなり、もはやサラ金を使っている人=世間の落伍者ということでしょうか。そんな金利と知りながら借りる方もどうかしている。そういわれるでしょうねえ。
不肖、私かつてそういうとんでもない落伍者のひとりでした。
「さようなら、サラ金」となしえたのは、ひとえに今の相方がいてくれたからでしたね。
それまでの私は、金もないのに盛り場をうろつくとんでもない輩の一人であったのでした。
金がなくなると、不思議に金のかかることばかりをやろうとするのですよね。
あれは精神状態が普通ではないのかもしれません。

そんな私をひろってくれて、きちんと生活することを教えてくれました。

サラ金に苦しんでいる人は多分大勢います。金融機関はよく説明もしないで、1ヵ月にこれくらいずつ返していけばいい、ということだけを強調します。窮するということは、それが単に金利だけすらも払えていないことを考えられなくなってしまうのかもしれません。

最初の30万があっというまに100万、200万という借金になっていくのを身をもって体験しました。

ええ、自分のもっているお金でつましく生活することが今は幸せだと思います。高い授業料でしたけど。自分で返しましたし。

« よく転覆脱線しなかったよね | トップページ | 神々への祈り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ユーリャさんでもそんなことがあったのですね。

経済格差が広がっている昨今ですから
多分に債務に悩んでいる人は多いでしょう。
だからこそ簡単に借り入れできるだけでなく
色々な方法があるということを
知っておきたいと思います。

アイカタさんに出逢って本当に良かったですね。
同情だけでなく辛いときに
一緒に生きていける人が傍にいるということは
素晴らしいことです。

まったく関係のない話ですが
うちの近所にはくうちゃんという
パピヨンがいます。お世辞にも可愛いとは
いえない面構えがいいんですわ。

私が世間に疎かったということですよ。
今の仕事の世界にはいって、最初の会社が倒産してしまったので、次をさがし、次は次でプロジェクトが終わってしまって、次をさがすなんてゆう生活でしたから。すぐに就職先は見つかったんですが、仕事場を変わると見えないお金がけっこうかかるんですよね。
最初の会社もボーナスあるよ!って言われてたんですけど、結局なくて、生活するのにちょっと足りなくてすこし借りたのが最初でしたね。
なくなってくると、もう底なしですよ。
開き直って「何ぼでもコーイ」なんて思っているとサイアクの事態が。。。
1万ずつ返せばよい、なんて甘い言葉に騙されちゃいけませんよ~。そのうち限度額いっぱいになって、返しちゃ借りって具合になってきますから。
サラ金は一度つかんだ客が収入がある限り借りさせつづけますから。ずっと金利を払いつづけていると、限度額をアップするという恐ろしい技を繰り出してきますよ。そうすると支払いのためにさらに数社も借金をして、ある日まったく払えなくなるのです。そうして街金へ走り。。。。破滅していくのですね。途中で引き返せて本当によかったと思います。

ご利用は計画的に!
計画的に利用できる人は借りませんって。
とCMにつっこんでいる人も多いのではいかと思われる昨今です。
そういう意味に於いて意義のあったアイフル摘発でしたね。
CMのリアル感のなさに比して
ユーリャさんの体験談はリアルです。

計画的に借りてたら儲からないでしょうけどねw
でも、ユーリャさんもなかなか無頼派で
これは川筋堅気というのでしょうか。

チワワもですが、CMに出てたおねーさんの
タレント生命が心配です。

安全にチンマリ暮らしている私から見ると、ユーリャさんの体験談は小説の中のお話のようで、何だかしんみり。良いパートナーに出会えたのですね。

昔から物書きは貧乏で借金漬けのものだけど、今の時代相手がサラ金なんじゃそこにロマンはないですよね。

>たかぼさん
ご利用は計画的に!っていうのは
笑いますよね。
「返済」と「収入」のバランスって
返済が少なくって収入が多かったら何か悪いのでしょうか?といつも突っ込んでいますね。

>ame*さん

川筋気質は、なくなった仰木さんにお任せしますね。
無頼というより、無知な田舎ものだったということですよね。
乗せられて、調子のいいときはいいけど
お金がないって分かると、離れていく人間の方が多いものですね。

タレントさんは知らない間に、銀行のローンカードにシフトするのですよ。@なんとかローンとかね。

>amenboさん
相手がサラ金のうちはまだ良いのかもしれません。
これで返済できなくて、債権が他に譲渡されたりすると取り立てに来られてしまうそうです。
私は取り立てに遭ったことはないですが、縁切りにサラ金に行ったら、「全額返さないで下さい」って言われたのにはビックリしました。こっちはそんなところに名前とか残したくないのに、千円以下でもいいから、残してほしいとちょっと怖いお兄さんに言われました。彼らもノルマがあるのでしょうけど、とんでもないです。きちんと契約書も返してもらいました。

実は何を隠そう、
私は金貸しをしておりました。
スミマセン^^;
・・・て、銀行系ですが。

よく父親が息子がサラ金に手を出して
ヤバくなってるから貸して欲しいという相談は受けましたね。
ホントはそういう案件は相手にしてはいけないのですが、架空の見積書とか出してもらって、貸してあげてました。

セツさん
お久しぶり。もう風邪はよくなりましたか。
金貸しねえ。銀行も金貸しですよね。広い意味では。
昨日だったか、団塊の世代の人の退職金をあてこんで各金融機関や、証券会社などがあの手この手でいろいろ商品をつくっているというニュースを聞きました。
外資系の金融機関と組んで、財産のあるひとだけのプライベートバンクみたいなものも登場していましたね。わたしには財産はないし、退職金などが(フリーなので)あるわけもないので、関係のない話ですけどねえ。

ごぶさたしてます。
私はクレジットカードの残高不足のときに銀行が自動でカードローンを組むという契約に加入していたのですが、冷静に考えると金利が十数パーセントなんですよね、しかも自分で一括弁済しない限りは毎月の返済額は一定のしくみで、こういう小さいところから「依存症」にさせていくのだな、と妙に感心したことがあります。

>金がなくなると、不思議に金のかかることばかりをやろうとするのですよね。

とてもわかります。
勝負事で負けが込むほど一発逆転をねらって無理な勝負をするということもありますよね。
そう考えると人間はどこかで破滅的な本能を持っているのかもしれませんね。

PS 先日は拙blogにコメントありがとうございました

go2Cさん
ようこそおいでくださいました。
クレジットカードといえば、カードが使えるものと思って出かけたお店がクレジット取り扱いをやめてしまったということで、急遽クレジットカードのキャッシングを使用したことがありました。どうせクレジットと同じでしょ~とタカをくくっておりましたら、あれって金利が28%もあるのですね。びっくりしたことがあります。どうりでいつまでも終わらないなあと思っておりました。(無知)
今回のことで、お金について再びよく考える機会になりました。○イフルさんは、全店でお休みして社員教育をされるそうですが、結局いくばくかの人がリストラされちゃうんでしょうね。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/9786102

この記事へのトラックバック一覧です: チワワの値段が下がっているそうです。:

« よく転覆脱線しなかったよね | トップページ | 神々への祈り »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。