« すローな食事 | トップページ | 春の憂鬱~シンコク... »

アカデミー賞、ラジー賞

今日はアカデミー賞の発表だった。
ここは発表のページ
http://event.movies.yahoo.co.jp/academy_awards/2006/
主演男優賞のフィリップ・シーモア・ホフマンという役者さんは好きなのでよかった。
主演女優賞はこのあいだとりあげたリース・ウィザースプーン。私としてはシャーリーズ・セロンの方がすきなのだけど、作品がいまいちだったらしい。。。

それにしても、ウィザースプーン。最近はブライス人形にも似ていると思うけどいかが。

ちなみにブライス人形はこちら⇒
BlytheFlowerPower_TKR200304_1M


ブライス人形を土曜だか日曜だかにTVで見た。
72年ごろに登場したそうだが、不気味なその姿にぜんぜん売れず。
1年くらいで廃番になったそうだが、なにやら最近オブジェとして売れているそうだ。

映画といえば、土曜日にいつもの名画座へ行った。
「灯台守の恋」と「理想の女」いずれも純粋にアメリカ映画ではない。(笑)
理想の女は共同作品でアメリカははいってはいるけどね。
灯台守の恋。。。はフランス映画。舞台はブルターニュ地方ウエッサン。ブルターニュという土地柄か、田舎のせいかかなり閉鎖的なところに、新しく灯台守が派遣されてくるところから話は始まる。まあ、過去を背負った男と、ひたすら妻を愛しているのに、子供ができない男と、外の世界にあこがれつつ暮らす灯台守の妻の話。
この灯台守の役がよかったね。
「理想の女」は奔放な生活を送る女性と若くて貞淑な妻との不思議な運命。女性の生き方と親子関係を考えさせられる1本。

ラジー賞は今回あまり有名な役者ではなかったけど、「最もうんざりするタブロイド・ターゲット」に
トム・クルーズとその婚約者が選ばれたそうです。
最近トムは宗教的な発言と奇行が注目されているそうです。
一時はすこし演技がましになったかな?とおもったけど
最近は見る気しませんね。

« すローな食事 | トップページ | 春の憂鬱~シンコク... »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トムといえば「宇宙戦争」は評判通りのクソ映画なので、みなくてもまったくOK。私はあんまり評判が悪いので、つい見てしまいましが、出来が悪いだけで、ハナシのネタにもなりゃしない。イミナシ・ムービーでした。
どうせなら「フォーガットン 」くらいのひどさがあればむしろ救いだったのですが、って、「フォーガットン 」、見たくなりませんか?

http://www.google.com/search?hl=ja&q=フォーガットン+ ネタバレ&btnG=Google+検索&lr=

あと、ジョディ・フォスターの「」もそうとう評判悪くて、なんかもうウズウズしちゃいます。

http://www.google.com/search?hl=ja&q=フライト・プラン+ ネタバレ&btnG=Google+検索&lr=

「ジャンクな映画をドキドキしながら見る会」ってのを作りましょうかねー。
中学生のとき、ジョディーに似てるって言われてからジョディーは他人には思えません。最近作品に恵まれていないようですね。以前あった糖尿病の子の親の役もいまいちでしたし。(映画のタイトルは忘れちゃいました。。。フォーガットン)
宇宙戦争といえば、あの子役が実は宇宙人って話ぢゃなかったよね、確か。。。安達ユミってこともないよね。。。。

この人形、けっこうイケてると思いますが・・・^^
トムといえば、ダビンチ・コードはどうなんでしょう?

トムは全部みてるけど、今まではとにかく映画はダメでもトムは良い、程度に抑えていたはずですが、「宇宙戦争」はトムも子役もダメでした。多分、スピが原作にこだわりすぎたのと、トムが「トム的には新しい」父親像の役作りにこだわりすぎたのが敗因かと。かっこいいトムに徹したほうがマシだったはず。

>セツさん。ブログ変えたのね~。ダヴィンチ・コードをトムでやるの?トムのキューブリック作品でけっこううまくなったなあとは思ったけど。。。彼から欧州ってイメージはないからどうかなあ。

「宇宙戦争」って昔のリメイクなのよね。原題がなぜだか「War of the Worlds」世界が複数形だから世界がたくさんある⇒宇宙ってことなのかな。
原作はなんと19世紀に書かれた本なのだよね。(古)
トムはブレス・キャンサーとかの治療で子供ができないといわれていたのだけど、最近は父親になりたくて仕方がないらしいね。こんど子供もできるそうだけど、それもサイエントロジーのおかげと思ってるんだろうなあ。。。そういうとこあんまり格好よくないと思うんだけどなあ。

いや、トムはトムでもトム・ハンクスです^^;
原作者はハリソン・フォードのイメージだったらしいのですが。
・・・と今朝の特ダネで、トムのインタビューをやってました。

今、ダビンチ・コードで検索してみました。

http://www.yamaguchi.net/archives/000729.html

さっきダビンチ・コードを借りようとツタヤまで行って来たんですが、まだ公開前だったんですね^^;

ダヴィンチ・コードは盗作で訴訟をされているのですけど、公開には関係ないのかしら。。。
トム・ハンクス・・・
昔売れなかった頃「パンチ・ライン」という映画に出てたころが良かった気がする。最近はなんだかいい人の役ばっかりで。

あ、LGさん。そんな気の早い。まだ出来上がっていないのでは?ゴールデンウィーク以後に劇場公開ですかー。私はロードショーには殆どいかないので、ビデオ化されるか、名画座にかかるまではまつことにしましょうかね。そうそう、ウィザースプーンの映画、ツタヤで借りてきました。ツタヤに行ってタイトルを失念してしまい、思い出すのに30分くらいかかってしまいました。メモしていかないと最近はもうだめですねえ。

同じくタイトルを忘れてしまい、思わず、「モナリザ・コンドありますか?」と聞いてしまいました…。店員が困惑顔をしていたのは言うまでもありません…。

『モナリザ・コンド』
店員もさすがに連想することができないでしょうねえ。きっと今度ビデオ屋にいくとこの話を思い出してしまってひとりでニヤニヤするかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/8970671

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞、ラジー賞:

« すローな食事 | トップページ | 春の憂鬱~シンコク... »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。