« オリンピック | トップページ | 気になる広告② »

狂言三昧②

今回は大蔵流。
茂山千作さんの米寿記念の興行です。

大蔵流はさすがに京都なので、そうたびたび東京では見れません。
今回は国立能楽堂での公演なので
勇んで参りました。
チケットを取るのがちょっと遅れたので柱のとこだよ~(泣)

演目は
「枕物狂」
「千切木」

枕物狂は百才にもなろうとするおじいさんが、わかい娘に恋をしてしまうという話です。
そのことを知った孫2人がその恋を成就させてやろうと娘を連れてくるという話です。
おじいさんに千作さん。千作さんは今年米寿だそうです。
そうしてお孫さんの役は実際にお孫さんである茂山宗彦さん、茂さんでした。
この曲は本来ものぐるいという尋常ではない精神状態を表すので面をつけるそうですが、
千作さんは面なしで演じられました。
千作さん登場からもう雰囲気のある人ですから、存在自体が可愛らしいです。
渡りのところでの足の演技がとくにすばらしかったですね。

千切木は一種の仲間はずれの曲です。
連歌の会に口喧しいので呼ばれなかった太郎が文句をいいに行くと、逆にみんなに踏んだりけったりして折檻をうけてしまいます。情けない姿をみた太郎の女房が怒って、棒をもってみんなに仕返しに行け!と太郎をけしかけますが、太郎はそこまではしたくありません。ですが女房殿の機嫌も損ねたくないので。。。。
これは千作さんの弟の千之丞さんが恐妻家の太郎を演じます。
情けない亭主をけしかけながらも、女房殿の愛情物語ですね。

この日は帰りに代々木の「ピンチョス・カフェ」で食事。
スペイン系の料理が食べられました。

« オリンピック | トップページ | 気になる広告② »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ご存知かもしれませんが、茂山家ってHPがあるんですね。
http://www.soja.gr.jp/

でもTOPPAって「突破者」宮崎学みたいだw
http://miyazakimanabu.com/

ま、宮崎氏も京都出身らしいですが。

「お豆腐狂言」というページですね。
狂言はお豆腐のように、どんな味付けにも対応するものでありたいというお気持ちだそうです。
大蔵流の狂言は
きまりのセリフでも和泉流とはすこしイントネーションが違います。なんだかかけあい漫才のようなところもあります。テンポよく行きあう会話が見所です。

そういえば、
三島由紀夫には「近代能楽集」という作品がありますが、
ユーリャさんには「近未来狂言集」を書いていただきたいです。

 わ~、「近未来」と「狂言」って、なんだかものすごく相性がいいですね。観てみたいです!
 

ame*さん
近代能楽集はまだ読んでいないので
読んでみましょうかね。

Kobantoさん
まだ書いていないし
書けるかどうかも不明です

近未来の狂言って、なにやら怪しい感じがするのは私だけでしょうかネ(笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/8705734

この記事へのトラックバック一覧です: 狂言三昧②:

« オリンピック | トップページ | 気になる広告② »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。